不動産投資で成功するために必要なことはリスクヘッジ!その内容とは?


長期的に不動産投資で運用する場合、どのようにすれば成功することができるのか考えてしまうものです。毎月安定した家賃収入を得ることができればいずれは不労所得を得ることに繋がる!と誰もが成功を夢見て始めることでしょう。

しかし、中には不動産投資が上手くいかず、失敗に終わってしまう方もいます。

そこで、不動産投資において成功者と呼べる方たちはどのようなことに注意して資産運用を行っていたのか確認しておきましょう。

不動産投資で抱えるリスク

投資にリスクはつきものですので、不動産投資のように長期で運用を行う場合にはより多くの知識が必要です。

将来起こる可能性のある問題に事前に対応するためのリスクヘッジであり、将来起こりうる問題をどのように回避するのか対策を講じることがリスクヘッジですが、まずどのようなリスクが発生する可能性が高いか考えてみましょう。

■金利上昇リスクを踏まえた上でローンを利用する

不動産投資を行う上で、収益物件を購入する時にはローンを利用することが一般的です。その時、利用している金融機関で設定されている金利などが将来上昇するリスクについて理解しておくことも必要でしょう。

金融機関のローン金利は定期的に変動しているため、いくつかの金融機関で比較しながらどこを利用するのか選ぶことも必要です。

また、現在の低金利がこの先も続くなら変動金利の方が支出を抑えることに繋がるでしょうが、今後、市場の予想では上昇が予測される中、固定金利を選択したほうがよいかもしれません。

今後の予想も踏まえた上で、利用する金融機関や金利を選択することも必要となるでしょう。

■空室をできるだけ出さないために

不動産投資の中で最も頭を悩ませることになるのが空室のリスクです。

いくら収益物件を確保しても、入居者が決まらなければ家賃を収入として得ることはできません。

ここで重要になるのは管理会社選びなどですが、どのようなサービスを提供してもらえるのか、かかる委託費用と見合う金額のものになっているか確認しておきましょう。

さらに物件選びの際にも、将来的にニーズが高く見込めるかまで十分予測しておくことが必要です。駅からの距離や家賃相場、物件の将来性などを予測しながら、慎重に購入する物件を選ぶようにしてください。

■修繕費用の準備も必要

火事や自然災害などで建物の修繕が必要となる場合もあれば、経年劣化など老朽化による修繕も必要となります。

自然災害などでは一時的にいつ修繕が必要になるか予測できませんが、定期的に行う修繕については予定を立てることができます。

建物が完成してから劣化することは誰にも止めることはできませんので、一定期間が経った時には必ず修繕が必要になると理解しておきましょう。

また、災害などで被災した時のために保険に加入しておくこともリスクの移転に繋がります。

不動産投資で成功するためにはリスクヘッジが重要

不動産投資にリスクはつきものですが、事前に予測や予定を立てることで回避できるものもありますので、どのようなリスクを抱えることになるのか、その対策として事前にできることは何かをしっかり踏まえた上で始めるようにしましょう。