不動産投資で不労所得を得る!始める前にまず考えておきたいこととは


不動産投資で不労所得を得ようと考えているサラリーマンなどは、成功すればいずれは会社員を引退して専業で賃貸経営を…と夢を抱く方もいるでしょうし、定年まで勤務しても老後は安定した生活を送ることができると考えているかもしれません。

日本の平均寿命は年々伸びている上に、今後の年金制度もはっきりしない中、将来不労所得を得ることができると確かに安心です。

自分達が体を動かしながら働かなくても、収入を得られる仕組みは今後とても重要となってくるはずなので、不動産投資不労所得を得る生活を検討してみてはいかがでしょう。

サラリーマン生活は続けながら不労所得を得る

不労所得を得る方法として、他にもFXなどの株式投資などで資産運用する方法があります。成功すれば大きな不労所得を得ることができる反面、リスクも高いので一歩間違えば大きな損失を抱えることになってしまいます。

しかし不動産投資の場合は、ミドルリスクミドルリターンの資産運用方法のため、大きな収益を得ることはできないかわりにリスクも低く抑えることが可能です。

細く長く収益を得たいという、将来的な不労所得を見込むにはぴったりの資産運用方法といえます。

また、株式投資などの場合は大きな初期投資費用が必要となりますが、不動産投資の場合は一般的にローンなどを利用して収益物件を購入することになるため、少ない自己資金で始めることが可能です。

不動産投資で抱えるリスクを事前に把握しておくこと

仮にたくさんの自己資金があり、ローンを利用する必要がなく収益物件を購入できるとしても、不動産投資を行う上でのリスクは把握しておく必要があります。

まず、賃貸経営は入居者が決まらなければ収入を得ることはできません。

退去者が出れば、次の入居者を募集してまた住み続けてくれる方を見つける必要があります。長く空室期間が続けば、その期間中は家賃収入を得ることはできなくなるので、ターゲット層のニーズに合致する収益物件であることが求められます。

将来物件を売却する予定の場合には物件価格が下落するリスクも考えておく必要がありますし、火災や自然災害に対してのリスク、建物や設備の老朽化に対する修繕リスク、ローンを利用するなら金利が上昇するリスクなど、様々なリスクを踏まえた上で収益物件を選び、購入することが必要です。

リスクを考慮した上で不動産投資を始めてみては

万一リスクが発生した時のために備えて保険に加入するなどリスクの移転を検討し、さらに空室への対策などをどのように行うのか、収益物件の管理は自分で行うのか、それとも管理会社に業務委託するのかなど、事前に考えておくことは色々あります。

適切に管理や運営を行い、空室を発生させないことが、不動産投資で不労所得を得る上で最も重要です。それらを踏まえた上で、不動産投資を検討してみてはいかがでしょう。