不動産投資で安定収入を得るためには何を工夫すれば良い?


不動産投資を行うのなら、毎月コンスタントに家賃を得ることが重要です。
そのためにも入居者から滞納などが起きないように、賃料収入に関してのリスクも軽減できるようにしておく必要があります。
しかし、もっと大切なのは、投資用の不動産が借主にとって魅力を感じる物件であり、空室が出ない物件であることです。
安定した賃料収入を生むことができる様に、何に工夫していけば魅力的な物件と感じてもらえるのか、考えていきましょう。

 

他の物件と費用面での差別化
現在は物件の供給量が多く、不動産投資で安定収入を得るなら他の物件よりも魅力的な物件であることが大きなポイントとなります。条件面で他の物件との差別化を図るために、次のような方法なども検討してみましょう。
・賃料自体を減額する
・賃料を一定期間のみ無料にする(フリーレント)
・賃料をまとめて支払う場合は一定額の割引制度を設ける
・礼金や敷金、保証金といった一時金を減額、または廃止する
・更新料の廃止をする

 

入居条件を緩和して差別化
立地や見た目、設備内容などを充実させている魅力の高い物件であれば、入居者に制限を設けることで入居者の質を保つこともできます。
反対に特に魅力のない物件は、入居の条件を緩和することですることで差別化を図ることを検討しなくてはいけません。
例えば「ペット可」とする場合には敷金を多めに預け入れてもらうことが必要になるケースもあるでしょうし、「外国人可」という場合には日本人の連帯保証人がいることのほうが望ましいでしょう。

 

使用用途を変更することで賃料単価をアップさせる
また、不動産投資で安定収入を得るために、建物の使用用途を変更して安定した賃料収入を得る、または収益を向上させるという方法もあります。
同じ地域内での住居と事務所の賃料を比較すると、事務所の方が住居よりも賃料単価が高くなるというケースもありますので、場合によってはこのような対策を検討してみても良いでしょう。

 

老後も安定して収入を得たいのなら・・・
不動産投資は成功すれば不労収入を将来に渡り受取り続けることができるので、リタイア後に年金収入だけでは不安があるという人などにも検討されている投資方法です。
しかし、物件を管理をしっかり行い、魅力のある物件だと思ってもらえなければ、いずれは空室が出て収入が途絶える可能性もあります。
色々な方法や工夫がありますが、少しのアイデアでリスクを抑えることができる可能性もあるので、求められていることは何か、ニーズや需要などを確認しながら工夫していきましょう。