賃貸ニーズの高い横浜市中区でアパート経営をしても空室が発生する原因とは?

Pocket

アパート経営をしているけれど、部屋の空室が目立ち困っている大家さんは決して少なくないようです。しかしなぜ空室が多いのか、その原因がわからなければ改善しようがありません。

横浜市中区なども賃貸ニーズが高いエリアですが、それでも空室に悩まされている大家さんは部屋が埋まらない理由を探し、改善策を検討している状況です。

そこで、これから横浜市中区で円滑なアパート経営を行うためにも、空室が発生してしまう主な原因について把握しておくようにしましょう。

アパート経営で空室が発生する原因とは?

アパート経営で空室が発生してしまう理由として、

・アパートがあるエリアの利便性が低く、便利な場所に入居者が住み替えを行っている
・新築マンションが大量供給されたことで賃貸からの脱出が増えている
・近隣に売れ残ったマンションなどがありデベロッパーが賃貸に回している
・そもそもエリア内の賃貸ニーズに合っていない物件(立地や間取りなど)
・初期費用や家賃設定が高くコストがかかりすぎる

など様々なことが考えられます。

何が原因で空室が発生しているか知るためには、周辺の競合物件の状況なども含めて調査を行いましょう。

入居者募集の営業活動は適切?

また、入居者を募集する店舗の営業活動も空室を埋めることができるかについて大きく左右します。

アパート経営を長く続けている方の場合、古くから付き合いをしている管理会社にすべてを任せているケースなどもあるようです。

しかし親しい間柄となっているからこそ、空室が発生した時も適切にその情報が仲介店舗に流されていないといったことも考えられますので、新しい情報が常に提供されているか確認しておきましょう。

それに加えて入居者募集の広告活動において、募集図面はわかりやすいか、物件の特徴などアピールできているかなども確認が必要です。

管理は適切な状態か

いくら入居者募集の活動が適切だとしても、アパートそのものの管理が適切でなければ住みたいと感じてもらうことはできません。

実際にアパートに足を運び、郵便ポストなどにチラシや広告が詰め込まれたり散乱したりしていないか、自転車置き場は整理された状態か、敷地の雑草が伸びた状態になっていないかなど、適切な管理状況であるか確認することも必要です。

それでも空室が埋まらないなら

古いアパートなどの場合、現在の賃貸ニーズに合う物件でない可能性もありますので、その際にはインターネットやセキュリティ設備などを強化すること、リフォームやリノベーションで最新設備の真新しい部屋に住むことができる状態にすることも検討が必要になるでしょう。