管理費や修繕積立金など管理組合で積み立てが必要となる費用とは?

Pocket

マンションなどを購入した時に気になるのが、毎月のローンの支払いだけでなく管理費や修繕積立金の負担です。

マンション一室を購入し、賃貸として貸し出す場合でもこれらの費用を負担するのは区分所有者であるため、毎月管理組合に支払い積み立て分を増やすために支払い続けることになります。

これらはローンのように借りたお金を完済すれば支払い終えるのではなく、建物の維持・管理のために延々と必要となる費用です。

そのためマンションで賃貸経営することを検討している場合には、家賃収入から負担する費用はローンだけでないと認識しておくことが必要といえます。

マンションを購入するとローン負担だけに終わらない

マンションを購入すると、管理費、修繕積立金、駐車場の使用料金などローンとは別途必要な費用が発生します。

購入時に必要となる初期費用やローン分のみで資金計画を立てていると、後々負担が重いと感じてしまうことになるので注意しましょう。

中でも管理費や修繕積立金はマンション管理組合が、マンション修繕に必要とするタイミングまでに積み立てておくお金です。

管理費とは

マンションのエントランスや廊下に備えつけてある電球の交換費用や、清掃費用、エレベーターや防犯カメラの点検費用など、日常的な管理や整備に必要とする費用として、毎月マンションでは区分所有者から管理費を徴収します。

管理費は日常的な管理や点検費用に使用されるため、マンションに備え付けてある設備が充実するほど費用は高くなります。

また、マンションで加入している保険料などでも左右されることになるでしょう。

修繕積立金とは

マンション管理はこのような日常的な管理以外にも、長期修繕計画を立てた上で実践する修繕工事や建築診断などの長期的なスパンで必要となる修繕や管理もあります。

ただこれらの長期的なスパンで行う修繕は、規模や費用負担も大きくなるため工事を行うタイミングで区分所有者それぞれから徴収することには無理があります。

そこで、毎月少しずつ修繕積立金として徴収し、マンション管理組合で積み立てておくことになるわけです。

そのためマンションが古くなるにつれて修理を必要とする部分も増えるので、金額も大きくなっていくと認識しておきましょう。

マンションはローン以外に負担する費用が発生すると認識を

毎月マンションに積み立てていくお金は、マンションの維持や管理を行う上で必要な費用です。管理費や修繕積立金の負担まで考えた上でマンション投資計画を立てておかなければ、家賃収入だけで経費部分を賄いにくくなるため注意してください。