横浜市中区にあるアパートでの空室が多い理由とは

Pocket

横浜市中区とは、港町のイメージが印象的ですが、横浜中華街を始めとして「みなとみらい」などの多くの観光名所が存在しており有名な場所として認識されています。そのような横浜市中区にあるアパートでは、空室が目立つようになっているのですが、その理由について紹介して行きましょう。

横浜市中区のイメージは

横浜市中区は、沿岸部の観光地が有名ですが、そこから離れた場所に住宅街があり、住宅の密集地も存在しています。南部エリアはマンションなどの高級住宅街となっており、本牧及び根岸はバスが交通の中心となっており、根岸エリアは坂道がきつい箇所が気になるところですが、環境的には素晴らしい場所なのです。

横浜市中区にあるアパートでの空室が目立つ理由

政令指定都市の中でダントツの人口を誇る場所としての横浜市ですが、投資家による認識としては、アパートでの空室が目立つ点が気になるところです。何故、空室が存在しているのでしょうか。確認して行きましょう。

1.ジャンク新築と呼ばれる存在
横浜には新築のアパートにも関わらず「空室が埋まらない」などのアパートが増えていました。そのような物件は「狭小アパート」を横浜の舞台と言う環境と、セールス広告による味付けによって強引な手法で販売するような経営手法がアパートの価値観を下げるような事態になり、駅に近い物件であっても、使い勝手の悪い住宅として、内見する事で応募者が減る事につながりました。

アパートメーカーは戸建用地としては売れない土地に対して、安く購入して条件の厳しいアパートを多く作り上げた事で、空室の多いアパートが増える原因となったのです。分かりやすい地名で、利回りが高い、新築でもリスクを抱えた物件である事などが「ジャンク新築」と呼ばれている理由です。

2.新築以外にも間取りや構造に課題
環境的に問題がなくても「ジャンク新築」のような「狭小アパート」でもないのに空室が目立つ理由としては、構造的な問題や間取りの造りが実用的でない場合に、利用者から避けられる原因となります。アパートでの生活では、住む人の動線を考えて作るのが理想的です。

しかし、建物の形状や面積に対して間取りや構造を変更しなければ、デッドスペースを生み出す事になるので、その状況に合わせた為に「使い勝手」に支障をきたす場合があるのです。

3.原状回復の管理が甘い
入室や退去を繰り返しながら、アパートの経営が継続されて行くのですが、退居する部屋に対して、原状回復の費用を惜しむ為に、大家自身が手作りの修繕をするので、原状回復にはほど遠いような、見せかけだけの管理が、そこに住む住人だけでなく新たな契約者迄もが回避する物件として敬遠されるのです。

4.投資物件の需要の多さ
人口の多い横浜で投資の需要が多く、それに対する供給物件が利便性や構造などを度外視して提供している為に、アパートでの空室が目立つ理由にもなっています。

横浜市中区で健全なアパート経営

横浜市中区で土地の利用に困っている地主さんや投資家の人達が、課題のあるアパートや問題になるようなアパートの建築を増やさない為にも、健全なアパート経営と新築アパートの建築にも積極的に介入する事で、良質のアパートの提供ができるようになります。

アパート経営においても、長く継続させて行くには、退居する部屋に対して原状回復をしっかりと行い、古くても新築のような機能を提供出来る管理経営を求められるのです。良い経営と良い供給が実行される事で、アパートの空室問題を回避する事につながります。

まとめ

横浜市中区でのアパートでの空室が目立つ理由について紹介しました。その多くは「狭小住宅」や「間取りの悪さ」などが原因となります。理由をしっかりと検討して課題を改善して、空室のないアパート経営を目指す事です。それでも困った場合には、売却する事も1つの提案としてお考え下さい。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容