賃貸管理においての課題解決は管理会社の手腕次第?

Pocket

賃貸市場は競争が激化していて経営状況が厳しくなっているのに対し、オーナー自身が危機管理意識を持っているようには見受けられません。
賃貸物件を所有してさえすれば自然と入居者が決まって家賃が入り、利益を出すことができていた時代はもう終わっています。このような実情を認識し、経営維持の意識を高く持つことが必要です。

賃貸市場が激化している理由は?
なぜ賃貸市場が激化しているかというと、オーナーが管理を委託する管理会社など、賃貸管理業界自体の側にあります。
時代や市況は大きく変化していますが、多くの管理会社の管理システムでは住宅不足だった時代の考え方のままです。
しかし現在は次々と住宅が建てられて余っている時代ですので、そのような状況に合うシステムを構築している管理会社の管理システムが必要になると言えるでしょう。

管理会社の現状は?
多くの管理会社では自社で賃貸仲介店舗を経営し、客付けを行い入居者も募集します。しかし管理会社の本来の役割はオーナーの利益を最大化する管理業務です。管理物件に入居者を入れ、空室を減少させることが役割ですので、自社で入居者を直接仲介することが目的になってはならないと考えられます。
管理会社が仲介する店舗を持てば、オーナーの利益を高めるための管理業務と仲介手数料を得る仲介業が混在してしまい、本来の目的である管理業務に制限がかかり支障をきたす可能性も出てきます。
このようなシステムは住宅が不足して借り手が有り余っている状態では成り立つでしょうが、現在の状況には適していないと言えるでしょう。

市場ニーズに合った管理ができているか
さらに高齢化が進む中ではバリアフリー設備が必要ですし、頻発する地震に対して耐えることができる耐震化といった問題もあります。
建物や設備の維持管理、修繕や補修といった部分を、管理会社や設備業者にまかせっきりになってしまうと、計画的な維持修繕に遅れが生じる可能性も出てきます。
それにより、オーナーと入居者との契約内容や市場ニーズなどに適合できないといった問題も出てくるでしょう。

市場で勝ち残るためには管理会社選びが重要
賃貸を経営するオーナーの立場で、利益を最大化するために厳しい賃貸市場の競争に勝ち残るノウハウを持った管理会社が必要です。
また、個別のトラブルや紛争など、様々なトラブルに対応できる管理会社に依頼できていなければ、オーナーと入居者のいずれの利害が害されることになります。
入居者生活を安定・向上させることができ、オーナーも家賃収入を得ることができるために、賃貸管理を適格に実施してくれる管理会社を選択することが重要だと言えるでしょう。