相続・不動産問題解決専門|ライフプランを考える

Pocket

《教えて!右手代表 相続 コラム-97

 ライフプランとは「生涯生活設計」のことです。生活費、住居費、教育費など様々な支払いに対して、どれだけの収入が見込めるのか、収入と支出の予測をします。

 人生50年は昔のことで、今は80年、いや100年とも言われています。60歳で定年、継続雇用で65歳まで働く。しかしまだまだ元気ですから、その後もお仕事をされる方は多いでしょう。

 ねんきん定期便で受給開始年齢65歳、70歳、75歳の受取額がわかります。夫婦の合計額を確認すると、年金だけでの生活費確保は難しく感じます。現在の物価上昇率は前年比3%以上ですが、将来どれだけの費用がかかるのか、不安もたくさんあります。老後の生活資金確保は、自分が何歳まで生きるのかによっても変わってきます。子ども世帯のライフプランは、教育費の支払いが終わったところで、その子ども夫婦の老後資金の貯蓄が始まります。

 幸せ相続計画では将来お金で困らないよう分析し計画提案を致します。

https://www.townnews.co.jp/0113/2023/12/07/709728.html

 

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容

    内見・申込等の方へ