入居率をたかめて空室をなくすためのリフォーム方法とは?


賃貸経営を行う上で、部屋の空室対策や入居率を高める工夫は常に必要です。

集客力が求められる中で、退去者がでれば絶えることなく新たな入居者が決まりやすくなるように、リフォームの方法にも気を使いましょう。

個性的過ぎるリフォームは受け入れられない?

もし自分の住む家や部屋ならば、趣味や好み、事情に合わせて好きな形にリフォームできるでしょう。しかし、いくら自分がよいと思った部屋でも個性的過ぎれば敬遠されてしまうかもしれませんし、オーソドックス過ぎても魅力が感じられないと判断される可能性もあります。

では、どうすれば多くの方に個性が光る魅力の高い物件だと判断してもらえるのか、それにはいくつかリフォームのポイントを押さえておくことが必要です。

ハード面だけでなくソフト面にもこだわりを

賃貸物件のニーズも多様化しており、駅近で広い間取りに眺望のよさなど、ハード面だけでは物足らないと感じる方も多いようです。

プラスアルファとして、デザインや内装などのソフト面に魅力を感じれば、仮に駅まで距離があったり築年数が経過している物件でも、少し家賃を高めに設定できることもあります。

内装や設置する設備などは、時代によって何が人気なのか変化していきますので、情報をしっかり入手してニーズの変化に対応できるようにしておきましょう。どうすれば、快適な住空間と感じてもらえる物件になるのか、考えていくことが必要なのです。

賃貸物件で行うリフォームの場所

リフォームの対象となるのは、外壁や屋根など外装部分、そしてキッチンやバス・トイレなどの内装部分です。

アパート一棟を所有しているなら、エントランスや廊下、エレベータ・階段などの共用部分もリフォームの対象となるでしょう。

外装やエントランスなど、第一印象に影響する部分ですので、好印象を与えられるようなリフォームが必要です。

内装で注意したいのは、キッチンやトイレなど水回り部分です。内覧のとき、部屋の良し悪しを決めるポイントにしている入居者は少なくありません。水回りの設備のグレードが高ければ、家賃が多少高くても、入居者の許容の得られやすくなるはずです。

リフォーム会社選びも重要

加えて、どのリフォーム会社を選ぶかも重要なポイントです。

リフォーム会社にもいくつかタイプがあるので、スタイリッシュなインテリアやデザインを提供しているところもあれば、水回りの設備に詳しいところもありますし、マンションを専門にリフォームを行っているところもあります。

得意分野が異なるため、希望するリフォームを実現してもらえるリフォーム会社を選ぶようにしてください。