金沢区ではリノベーションした物件も人気?どのような形がベスト?


横浜市金沢区は、横浜市の最南端に位置しており、市内唯一の自然海岸を持つ行政区です。海水浴場の「海の公園」や、マリンスポーツが楽しめる「横浜・八景島シーパラダイス」に「横浜ベイサイドマリーナ」などの複合施設があり、海と山という豊かな自然を持っているのも特徴と言えます。

また、鎌倉時代からの歴史ある名所や旧跡など、文化遺産に恵まれた自治体でもあるので、真新しい新築物件以外にも、古さが魅力だけれどリノベーションされた物件なども人気です。

なぜリノベーションした物件が人気?
もし投資物件などを賢くグレードアップしたい場合は、入居者のニーズを考えた上で内容を検討しましょう。金沢区でもリノベーションした物件は人気があります。引っ越しまで時間をかけず、すぐに入居したいという方などは、リノベーション済みの物件を探す傾向が高いと言えるでしょう。

投資物件をリノベーションするメリット
新しくない物件であっても、デザインや間取りなどの変更により物件価値を高め、周辺物件との差別化をはかることも可能です。

既に所有している投資物件をリノベーションする場合もあれば、中古物件を購入してリノベーションすることもあるでしょう。いずれにしても新築や建て替えと比べれば、コストを抑えることが可能です。

リフォームとリノベーションの違い
リノベーションではなく、リフォームを検討する場合、この2つの違いは何なのか確認しておくようにしましょう。

まずリフォームは、建物本来の性能を取り戻すために行いますので、例えば壁紙を張り替えたり、システムキッチンを入れ替えたり、さらにはユニットバスを入れ替えるといった軽微な工事を指しています。

それに対するリノベーションは、間取り自体を変更したり、給排水設備を変えるなど、建物の本来の性能以上を引き出すためのものです。

建物の耐久性を向上させるだけなく、デザインも大胆に変更すれば、まったく違った建物に生まれ変わらせることができるかもしれません。

ターゲット層のニーズに合う形に
リノベーションを前提に物件を購入することを考えれば、物件は多少古くても問題ないので、立地条件のよい物件などを予算内で選びやすくなるはずです。

ただし、自分で住むために物件をリノベーションするなら、自分好みのデザインや間取りを採用すればよいだけです。しかし住むのは自分ではないので、他人が住みたいと思える形にリノベーションすることが大切になります。

目的の物件周辺のターゲット層を把握し、対象となる層に人気のデザインや間取り、ニーズなどを確認しながらリノベーションの内容を検討していくようにしましょう。

リノベーションに向いている物件を選択することが重要

また、リノベーションのメリットを活かすためにも、リノベーションに向いた物件を選ぶようにしましょう。

リノベーションは建て替えとは異なるので、間取りやデザインの大幅な変更はできても、限界があります。

例えばマンションの場合、窓は共有部分に分類されるので、新しく窓を作ることはできません。さらに天井の高さにも注意しましょう。古いマンションは天井が低めですが、高さを上げることができるか確認が必要ですし、水回りも配管の位置が決まっていると移動できないという問題が発生します。