アパート経営はどのように始める?そのやり方とは?


老後の資産設計や、将来の不労収入のために、不動産投資やアパート経営に興味はあるけれど、実際何をすればよいかわからないという人もいるでしょう。

そこで、具体的に何からスタートさせればよいのか、アパート経営のやり方をご紹介します。

まずは収益物件を購入するまで流れが大切ですし、物件を購入した後には管理や運用が必要になります。ここでは購入するまでのやり方を流れとして把握していきましょう。

まずは基本的な知識を

これまで投資が身近でなかった場合、利回りやレバレッジなど、アパートを経営する上で基本的な概念を押さえることが必要です。

本やセミナーなど、情報や知識を習得する場はいろいろありますが、自分で基準を作ってしっかりポイントを理解していきましょう。

金融機関から融資は必須?

収益物件を購入するためには金融機関から融資を受けることなども考えなければなりません。どの金融機関であればローンを利用できるのか、金利、融資枠、必要な自己資金、返済年数なども必要です。

不動産投資やアパート経営のサービスを提供している会社に相談すると、個人で金融機関をまわって審査を受けるよりスムーズに話が進む場合もありますし、投資の目的に合う金融機関の組み合わせを提案してもらえることもあります。

家賃収入で年間いくら獲得したいのか、資産をどのくらい形成していきたいのか、節税など目的とするのかなどによって必要になることも変化しますので、その点についても相談してみましょう。

物件選びは目でみるだけで判断しないこと

必要になる自己資金、利用できる金融機関、金利、融資枠、返済年数などが確認できれば、購入できる収益物件の形もみえてきますので、家賃収入などもどのくらいになるか見込めるようになります。

事業計画が決まってきたら、いよいよ購入する物件を探しましょう。

単に物件をみて単純な利回りや家賃収入だけで判断するのではなく、融資枠と目標とする投資規模から逆算して考えることが必要です。計画せずに投資すれば失敗する可能性が大きくなりますので、成功する確率を上げるためにも物件を購入する前段階がとても大切です。

将来の資産形成に繋げるために

投資する収益物件を選んだら、金融機関の審査を正式に受け、収益物件を購入して所有することが可能です。そこから家賃収入を得て資産形成に繋げて行きます。

収益物件を購入するという考え方ではなく、どのような計画や目的で投資を実行していくのかと考えると、購入した後での行動も違ってくるはずです。長い期間を見据えた上で検討するようにしましょう。