リノベーションまちづくりと建物の再生


リノベーションまちづくりとは?
リノベーションとは、古い建築物の機能を今の時代に適した機能を有するものに作り変える事をいいます。
一般的にリフォームよりも大規模な工事を伴うもので、リノベーションを行なう事で建物に新たな価値を与える事が出来ます。
そのリノベーションを生かして、縮退する社会の中で疲弊した地域の再生のために、企業活動にほとんど使用されていない遊休不動産などをリノベーションで新たな価値を付与する形で再生し、地域の経済発展の牽引と若者の多様な就業機会を作り出すなど、リノベーションを用いたまちづくりの新たな手法です。
日本は現在別件の数が世帯数を上回るという、家あまり状態でもあり新築の物件を新たに建築するよりも、中古物件の活用促進が課題でもあります。
有効活用されていない中古の別件も沢山あり、そういった物件の再生による新しいコンテンツの創出も期待されています。
それに伴いリノベーションスクールというのも行われており、これは実際の遊休不動産を用い、リノベーションの計画を立て不動産オーナーに提案するというものです。
これもリノベーションまちづくりの事業の一環として行われています。

 

主なリノベーションまちづくりの例
このリノベーションまちづくりでは様々な取り組みが行われています。

①シェアオフィス
以前入居していた入居者がそのまま残していってしまった什器等や設備などをそのまま生かしリノベーションを行ない、新たなシェアオフィスとして活用。

②インキュベーション型店舗
あまり利用が活発でない雑居ビルの1フロアのリノベーションを行ない、コワーキングスペースや会議室、入居者の共有スペースとして作り変えてしまうというもの。

③子育て支援施設
駅前など交通利便性に高い遊休地に子供や保護者の方などの広場や子育て支援施設などを整備する。

④古民家宿泊施設
老朽化してしまった日本家屋にリノベーションを行ない、宿泊施設に変えてしまうというもの。
日本家屋の良さを生かしたままリノベーションを行なう事で、日本人以外の外国人観光客の方などにも高い人気がある。

⑤ソーシャルビジネス拠点施設
雑居ビルの1フロアなどのリノベーションを行ない、デザイナーなどのオフィスを整備したり、建築家やグラフィックデザイナー等が連携できる交流拠点施設などに作り変えてしまう。

 

クラウドファンディングの活用
こういったリノベーションまちづくりなどには、積極的にクラウドファンディングが用いられており、さらなる積極的な活用と、促進が期待されています。