横浜市中区でアパートの空室対策をするには

Pocket

横浜市中区におけるアパートの空室状況は、少子高齢化などといった様々な要因により上昇傾向にあり、立地条件の高い場所でも借り手が見つからず、家賃収入にまでも影響されるリスクがあることから、空室対策が望まれています。

空室対策をするにあたり

アパートなどの賃貸住宅に対し、家主(オーナー)が空室を作らないために講じる手段で、以前入居した方が退去し、次に入る方を早期に決める対策があげられます。また、長期的な入居を目的とした、退去を防ぐための施策として挙げられる空室対策は、以下のような賃貸物件の一室を所有している家主にも、この対策は必須です。

入居者が決まらないまま空室状態が続く場合、家賃収入が途絶えることを意味しています。空室リスク回避の措置として、原状回復工事だけ行ってもニーズにこたえるだけの需要が見込まれないことから、入居者向けではなく、仲介会社及び管理会社にも対策することにより部屋を満室にする鍵を握っています。

空室の原因を調べよう

アパートの一室が空室になった場合でも、どうしてそうなったのかという原因は潜んでいます。費用という限られた資源を有効に使うのならば、原因追及は必須項目となっています。一つは広告の宣伝方法であり、物件に対する魅力が全然伝わらないことです。二つ目は、物件の質と家賃相場の比率です。

物件の質を向上させるならば、リフォームなどの工事は必須のほかエアコンやオートロックなどの設備を有することは入居する側にとって欠かせないものであり、安心して生活ができる環境に必須となっています。

三つ目の問題は、周辺の環境変化で競合する物件が近隣にあるため、供給が過多になりバランスを崩し、入居する方のニーズ変化によるものです。四つ目の問題は募集方法と条件、時期の三つに問題があります。前者は差別化をすることで対応でき、後者はペット飼育や楽器可能など柔軟な対応が求められます。

対策をしよう

空室対策の代表的な例を挙げるならば、入居予定者を募るために欠かせない営業面です。こちらは管理会社などの協力を得ながら進めますが、文言は住む人目線で書き、物件の画像をしっかりと掲載しながらも撮影は晴天で行うなど広告を見直すなど、営業面においても物件を魅力的なものにするなら必須です。

次はリノベーションの実施で、外観や内装を全般的に施すことで見た目でも綺麗な印象を与えます。外壁や共用部の清掃のほか、内装に関しては壁紙などの貼替えのほか、設備面においても最新のものに更新し、Wi-Fiや宅配ボックスなど入居者にとって需要の高い設備を新規取付が挙げられます。

まとめ

横浜市中区のアパートに対する空室対策は、古くなった設備を更新するだけでなく、外観もきれいにするほか、条件面においても見直しを図ります。また、どのような層が入りやすく、条件面において最適なのかも検討できます。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容