横浜市中区でアパートの空室を有効活用する場合

Pocket

横浜市中区だけでなく全国的に賃貸物件の空室が多く見られます。空室があっても短期間で新しい入居者が見つかればいいのですが、長期間空室のままの部屋も存在しています。その現状を有効活用する形で、空室リスクと向き合うにはどのようにしたらいいのでしょうか。

部屋を有効に使うならば

それまでのアパート経営といえば、第三者に部屋を貸して入居させ、家賃収入を得るのが一般的なスタイルでした。「住む」といったそれまでの発想を変える形で、居住目的とは別の用途での活用が見いだされるようになりました。

人口の減少による働き方自体を見直し、生活スタイルまでも多様化し、物件における部屋の一室を住むこと以外に転用する方法が存在します。インターネット環境と接続を整備し、レンタルオフィスと同じように活用する方法もあれば、オフィスに転用して小規模でのSOHOとして活用し、小規模なイベントやセミナーのほか会議可能と用途は広範囲です。

それ以外にも学習塾やネイルサロンにマッサージ専門店などといった、多種多様な業種がコストを下げるためアパートの一室を借りて、事業を行うための空間を提供できるのも空室対策の一助となるため、初期費用の低減にも寄与できます。

広範囲の用途に対応するために

空室をある一定の時間だけ第三者に提供し、利用料で収益を得ることができるのがレンタルスペースです。借りるための用途としては、シェアオフィス、シアタールームにキッチンスペースのほか、撮影をするためのスタジオとして多種多様な目的に応じて利用可能です。

利用した時間だけの料金を払い、それが収益として得られるほか価格の設定や変更など柔軟に対応でき、レンタルスペースは不動産所得になる関係上、所得については不動産扱いとなり、複式簿記での記帳をすると青色申告特別控除の対象となります。

一時保管や農業をするための部屋として

空室を有効活用する手段の一つとして、第三者から一時的にものを預かりたい空間を提供する目的で、物置スペース(トランクルーム)に転用して貸し出すというのも、空室リスクを減らすために有効です。

また、住宅地が比較的多い場所で展開すると、近隣の住民が物置代わりに利用でき、好きな時に気軽に引き取れるほか、新たに預けるといった利点が生かせます。

最近は野菜栽培を行う場所として、家主自らが部屋の一室を借り、ベビーリーフなどといった水耕栽培ができる野菜を育てるといった新たな「農業」ができます。栽培に必要な場所を確保し、ある程度大きく成長したら収穫して、第三者に販売して売上金、つまり副収入を得られます。

まとめ

横浜市中区のアパートにおける、空室を有効に活用できる方法としてレンタルスペースや物置スペースのほかレンタルオフィスなどが挙げられますが、通常通り第三者に入居するほか、柔軟な発想で事業として活用できるのも一つの手段です。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容