横浜市中区「賃貸アパートの空室時には電気を通すべきかどうか」について

Pocket

横浜市中区にも、空室の賃貸アパートの電気代はなるべく節約したいと考えるオーナーが多いことでしょう。今回は、空室の賃貸アパートがある場合、電気を通すべきかどうかについて考察していきます。

空室期間の電気の契約者は誰なのか

空室期間の電気の契約は、入居者がいないのでオーナーの名義となります。そのため、オーナーが基本料金を毎月支払わなくてはなりません。少しでも節約したいと願うオーナーが多いことでしょう。しかし、入居者を増やすためには、常に通電しておく必要があると言われています。

空室でも通電すべき理由について

見学を希望するお客さんは日中だけではなく、仕事や学校帰りにいらっしゃることもあります。また通電されていない物件の場合、不動産会社も入居者に対して案内したくても出来なくなってしまい、空室期間が延びてしまいます。

そうしたことを想定すると、不動産会社やお客さんがどのタイミングで訪れても好印象を持っていただける様に、電気は常に通電しておく必要があるのです。

見回りについて

通電をするのは、不動産会社やお客さんのためだけではありません。入居者が来る前に、オーナー自身が物件の設備点検を行い、見回りをする際にも電気をすぐにつけられると便利です。真っ暗な状態だと、設備に何らかの問題点があった場合に、見落としてしまうかもしれません。

電気を節約出来て好印象を与えるポイントについて

では部屋の印象をよく見せるためにはどうすれば良いのでしょうか。それは、いつでもお客さんが訪れても良い様に照明を全てオンにした状態で、ブレーカーを下ろしておくと良いでしょう。そうすることで、ブレーカーを上げるだけで電気がつくというしくみになります。この様に少し工夫すれば、スムーズにお客さんを案内出来、普段は電気の節約にも繋がります。

スマートメーターとは何か

「スマートメーター」とは、30分程度で通電し遠隔操作で電力を供給出来る他、電力会社に自動的に電気代がデータとして送信されて、定期的に検針も行わずに済むなど便利で普及しつつある電気メーターです。

必要な時に電気がつけられる様に、スマートメーターを契約しておくことをおすすめします。契約することに迷いがある方は、基本料金があまりかからない電力会社もあるので探してみると良いでしょう。

スマートメーターを契約することで得られるメリットについて

スマートメーターを契約することで、前述した様に物件の好印象を作り出し、入居者を募集しやすくなるという大きなメリットが考えられます。通電しない場合、お金の節約にはなりますが、入居者がいなければ長期的な利益を得ることが出来なくなってしまいます。

それはオーナーにとっては、最悪なことです。長く入居者に住み続けてもらい、空室を避けるためにも、こうした投資は必要なものなのです。

まとめ

賃貸アパートの場合、入居者に好印象を与えるため、スマートメーターなどを契約し常に通電しておく必要があります。通電することによって、長期的な利益の獲得を目指すことが可能となります。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容