横浜市中区でのアパート空室対策

Pocket

全国的に増えつつある空き家・空き部屋ですが、横浜市中区でも目立つ傾向にあります。大家さんは入居する方を募集するために様々な対策を施しています。この問題と常に向き合いながら、一人でも多くの方に入居してもらえる物件を目指していきましょう。

空室対策は必ず行うべき

アパートに限らず、賃貸住宅全般に共通して言えるのは「空室を作ってはならない」事を前提に何らかの策を講じるのが、空室対策です。退去後、早期に次の入居者が決まるような付加価値を付けたり、入居した方に長期的に居てもらうために対策をする事によって、空室状態の期間をごく短くとどめておくべきと言えます。

しかし、空室状態における期間が長期間に及ぶとその間、家賃収入が入らなくなり、大家さんにとっては大きな損失となります。空室対策は、入居者向けだけではなく、仲介(管理)会社向けなどといった方法があり、物件に見合ったやり方を見極めながら慎重に選びましょう。

快適な物件を提供するために

築年数が古くなると、近隣の築浅の物件と比較されがちとなり、特に設備面においてはその差が表面化してきます。水回りの部分は特に注目すべき項目で、デザインと間取り自体を洋風に置き換える事もセットで行うと印象がよくなる傾向にあり、予算の制約こそあるものの、できる範囲内でのリノベーションをするだけで違いが現れます。

また、そのほかの設備面においても何が必要なのかを見極め、インターネットを楽しむためのWi-Fiを完備するほか、快適な生活を送るためには、最早欠かせない設備となったエアコンの設置、宅配ボックスを新規に取り付けるなど、リノベーションとセットで行う事で、空室だった物件が魅力ある物件へと姿を変えていきます。

入居者のニーズ調査

ただ単にリノベーションをしただけでは、入居者が決まらない場合ももちろんあります。そういった際には、入居者層が明確化しない限り空室問題は解決へと向かいません。実際に物件のある地域に住む人たちのニーズが把握できない限りはそれ相応の対策を講じる必要が出てきます。最初に行うのはネットを活用した調査で、エリアや年代ごとのニーズの調査が可能です。それ以外に、仲介会社との連携強化によって入居希望の方が何を望むのかといった情報を、常に知る努力をする事も解決策の一つです。

また、仲介業者やリサーチ業者に頼らず、オーナー自らが、所有物件の周辺には何があるのかを把握する事によって、そこに住む人たちのニーズを掴みつつ、それに見合ったリノベーションをする事が可能です。

まとめ

横浜市中区におけるアパート空室対策は、住む人たちにとってのニーズを掴む事が重要であり、周辺にどのような施設があるのかを把握する事や、この地域に住む人が何を求めているのかを念頭に置きながらリノベーションをする事が、空室リスクへの対策と言えます。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容