横浜市中区で考えるアパートの空室活用法!

Pocket

横浜市中区でもアパートの空室状況をどのように改善するかという問題があります。オーナーさんも家賃収入減という面から、また街全体からも経済や安全面から空室を減らしていくことは大きな課題です。アパート空室の活用法を考えてみましょう。

空室率上昇の背景

都市また地方でも、アパートの空室率が上がっている傾向にあります。それには、相続税の節税対策やマイナス金利による融資の拡大などを背景として、賃貸住宅の建設増が続いており供給過多が一つとして考えられます。

神奈川県全体で見ても高い数値で推移しています。全国的にも各地空き家の問題と共に、空室は差し迫っている大切な課題だと言えます。そこで空室有効活用を考えみましょう。

空室を有効に活用する方法について

1.トランクルームとして貸し出す。
2.託児所や学習塾など地域貢献につなぐ。
3.リノベーションを施してシェアオフィスにする。
4.野菜などを栽培。
5.ネイルサロンやソーホーなど事業に利用。
6.短い時間から利用出来る時間貸しをする。

上記のものが、居住空間という考えを変えて行う活用法です。物件の使用を住まいに限定せず、活用する方向を模索すると多様な活路が見えます。LDKが広い物件などは改築を施し、シェアオフィスとして活用することが出来ます。または、セミナー・会議室・イベントなどのレンタルスペースとして利用してみはいかがでしょう。

またネイルサロンやソーホー・マッサージルーム・学習塾など事業用の貸し出す仕方もあります。「サロンを賃貸住宅の1室を借りて開業したいが、許可される物件が見つからない」という声が実際市場にはあるのです。

珍しいところでは、大家さん自身が空室を使用してベビーリーフなどの野菜の水耕栽培を行って、副収入を得ている方もいます。事業用として貸し出して運用していく場合は、入居者や近隣の方からのクレームが来ないよう風紀の乱れやゴミなどの管理に気を付けて、事業用賃貸契約書をかわすことも必要でしょう。

早く開始出来る空室活用ビジネス

【1.物置として使用する】
空きスペースを活用して、物置として人に貸し出す。

【2.学習塾の教室として貸し出す】
学習塾あるいは教育事業社に、「学習塾」の会場として場所を提供するという方法。

【3.時間貸しで活用する】
空きスペースをWEBに載せて、時間を決めて貸しだす方法。スペースに関する情報を掲載し1時間単位で利用者に貸し出すことで、会議室やイベント開催など広い用途での利用が考えられます。

アパートの集客術

競合する周辺アパートなどとのサービスの差別化で付加価値を付けて、集客力を補う方法も検討してみましょう。ここ数年、リノベーションする古民家やアパート・マンションが増えています。それによってアパートの特徴を打ち出し、アイディアでライバルとの差別化をはかります。

1.女性専用に特化し、セキュリティを万全にします。
2.若者や学生向けに人気のある設備面で特徴をだす。
3.テーマを決めた部屋造りで集客を狙う。
4.ペット可能な場所にする。
5.外国人も可能な体制を整える。
※ただしリスク面も考えて実行しましょう。

まとめ

空室アパートの様々な活用の仕方を取り上げて見てきました。賃貸物件として付加価値をつけて差別化をはかる方法や、「住む」という前提を変えて使用する方法など、いろいろな視点からの活用方法がありますので、ご自身のプランにあったものをご検討ください。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容