横浜市中区で空室が多く発生した古いアパートを継続利用するときの対策とは?

Pocket

アパート経営中の建物オーナーは、経年により老朽化したことを理由にだんだんと人気がないアパートになっていることに悩みを抱えていることもあるようです。

横浜市中区でも、古く劣化してしまったアパートの空室が増え、空いた部屋の埋め方に頭を悩ませているアパートオーナーも少なくありません。

アパートの見た目や設備が古くなると、どうしても収益性は低下し空室など発生しやすくなってしまいます。そこで、発生した空室の埋め方として、どのような対策があるのかご紹介します。

従来よりも募集要件を緩和させる方法

古く老朽化が進んだことで空室が増えてしまったという場合でも、入居における募集要件を緩和させることで入居者が獲得しやすくなります。

たとえばペット可の物件に変更することや、ルームシェア・事務所利用などを可能とする、またはDIYなども自由にできるなどで様々なニーズに対応しやすくなるでしょう。

また、入居する部屋を探していても断られがちな単身の高齢者の入居を可能とするなど、人の範囲も広げることでより空室は埋めやすくなるはずです。

ただし現在入居している方との兼ね合いもあり、特にペット可の物件などに変更する場合にはペットの鳴き声やにおいなどがクレームになることもありますし、動物アレルギーの方がいればトラブルになる可能性もあるので注意が必要といえます。

初期費用の要件の緩和させる方法

アパートに入居する際には、敷金や礼金などを負担に感じる方も少なくありません。

そこで、敷金・礼金・更新料を発生させない契約とすることや、家賃に管理費・共益費・駐車場代などを込みにすること、一定期間家賃の発生しないフリーレント契約などにすることで空室も埋めやすくなるでしょう。

ただし費用負担を軽減させると、入居者の質が下がってしまうというデメリットもあるので、余計なトラブルが発生してしまう可能性に留意しておく必要はあります。

時代のニーズに合った物件に変更する方法

一定の効果が見込める対策として挙げられるのが、ニーズに合ってない部分をリフォームすることです。

アパート建築した当初は、入居者のニーズにぴったりだった物件でも、時間が経過し時代の流れで今は敬遠される仕様になっていることもあります。

和室を洋室に変更することや、昔のアパートに多くみられがちな風呂・トイレ・洗面が1つになっている3点ユニットなど、水回りを分離させるだけでも空室は埋まりやすくなるでしょう。

ただし費用がかかるため、費用対効果をしっかり見極め検討するようにしてください。