横浜市中区でアパートなど不動産を所有している方が最も悩む空室問題を解決するには?

Pocket

横浜市中区でアパートなど不動産を所有されている方が、今最も悩んでいるのは空室対策ではないでしょうか。

空室対策と呼ばれる方法もいろいろあり、本当に効果的なのはどの手法なのかわからないということもあるでしょう。

そもそも空室対策とは、賃貸住宅に空室を発生させないため実施する対策のことですが、退去により部屋が空いた時にはできる限り早く次の入居者を獲得させること、そして決まった入居者にできるだけ長く住み続けてもらうことが必要です。

空室が続けば家賃収入は途絶えることに

空室期間が長引けば、その期間中は家賃収入が途絶えることになってしまいます。予定していた家賃が入らないことで、借入金の返済や必要経費の支払いなどに充てる資金が不足する可能性も出てくるでしょう。

そのためにも満室を実現し、維持させていくための空室対策が必要です。競合と呼ばれる物件が増えている今、自身のアパートに合った方法を慎重に選び実践することが求められます。

入居者ニーズにこたえることが可能となる物件に変更することも方法

世の中にはアパートやマンション、貸家など賃貸物件は溢れている状態です。競合物件と同じ物件では差別化できず、選ばれなくなる可能性も出てくるでしょう。

まずはターゲットとする層を見直し、競合物件との差別化を図ることの検討が必要です。

たとえば近年では少子高齢化や晩婚化が進み、単身世帯や子どものいない世帯などはペットを飼うことが増えました。核家族化により、寂しさを感じる高齢の方なども癒されるペットと一緒に住みたいと考えることも多くなっています。

そのペットブームに対応できるように、ペット可の物件にすることも検討してみましょう。

さらに外国人労働者や高齢者など、賃貸物件を借りにくい世帯も対象にすることで入居者の幅が広がり、空室を防ぐことにつながる可能性も大きくなります。

ニーズに合ってない物件は生まれ変わらせてみては?

築古物件の場合や、入居者のニーズと合っていない間取りの場合には、一定の費用はかかるもののリフォームやリノベーションを行えば人気物件に生まれ変わらせることができる可能性が高まります。

仮に築年数が経過した物件であることを理由に長期的に空室が出ている場合でも、個性を重視したデザインのリノベーションなどで若い世代から人気を獲得できる可能性も広がります。

リフォームやリノベーションでアパートを生まれ変わらせることを考えるのなら、かかる費用ばかりにとらわれるのではなく、たとえば家賃倍率やリフォーム利回りなども意識し予算の目安を検討することが必要といえます。