横浜市中区で安定したアパート経営をするならに欠かせない空室対策

Pocket

現在、賃貸物件は借り手市場といわれており、アパートのオーナーにとって入居者が常に入っている満室経営をするための空室対策は必須項目です。

空室対策とはアパートなどの賃貸住宅に空室を発生させないための対策であり、退去者が出て空室になった部屋にできるだけ早く次の入居者に入ってもらうための方法を考えること、そして入居した後は長く住み続けてもらうための方法も検討することといえます。

空室となった期間が長くなればその間、家賃収入は途絶えてしまいます。空室が出れば部屋を原状回復させるリフォームを行うこととなるでしょうが、それだけでは新しい借り手は見つかりにくいのが現状です。

築年数が経過したアパートなどの物件は、時代のニーズに合った空室対策を考えていくようにしましょう。

家賃を下げるのは最終手段

空室が埋まらないのなら、家賃や更新料などを下げればよいと考えるかもしれません。確かに家賃を下げることや、敷金・礼金・更新料などをなしにすることはコストをかけずにできる空室対策といえます。

しかし家賃は大切な収入なので、礼金を下げるのは最終手段と考えてまずは先にできる対策を行っていきましょう。

なぜ空室が続いているか分析を

まずはなぜ空室が続いてしまっているか分析し、改善できることから考えていきましょう。

アパートの共有部分は汚れたり散らかったりしていないでしょうか。エントランス・ゴミ置き場・駐輪場などはいつ内見の方が訪れてもよいように整備しておくことが大切です。

そしてもっとも大切なのが入居者のニーズに対応することです。インターネットで調査をしたり賃貸仲介管理会社にヒアリングしたり、直接アパート周辺をまわって入居者で埋まっている物件を調査してみましょう。

もし入居者がエアコンや無料Wi-Fi、宅配ボックスなどを希望している場合において、インターネットの物件紹介サイトなどで部屋探しをする際には、これらの項目にチェックを入れ検索することになるでしょう。

そのためこれらの設備が備わっていないアパートの場合、物件検索の際に除外されることとなり検索結果に表示されなくなってしまいます。

そのため現在の入居者ニーズを知り、備わっていない設備も導入することも検討してみることが必要です。

築年数が経過しているアパートはリノベーションなども検討を

築年数が経過しているアパートや、入居者ニーズと合っていない設備や間取りの時には、費用はある程度かかってしまうもののリフォームやリノベーションで人気物件に生まれ変わらせるとよいでしょう。

費用ばかりにとらわれるのではなく、リフォーム利回りなども意識して予算の目安を考えていくことが大切です。

空室期間が年単位で続いていたアパートでも、リノベーションを行ったら1週間程度で入居者が決まったという例もありますし、利回りが向上した例などもあるのでできることから実践していきましょう。