空室対策に検討しなおしたい家賃査定の重要性

Pocket

賃貸経営を行うために収益不動産を保有している場合、収益を最大化させることを目指すこととなります。

その際に重要になるのが家賃査定ですが、空室対策を講じる上でもどのように導きだせばよいのか知っておくようにしましょう。

売上を最大限引き上げるために

不動産経営で収益の最大化を目指す場合、収益は売上から費用を差し引いた分であることを認識しておきましょう。

売上を最大限引き上げることができ、さらにかかる費用を最小限に抑えることができれば収益は膨らみます。

売上は、「客数(入居者数)×単価(家賃)×頻度(入居期間)」で計算することができますが、部屋数はその物件ごとに限界がありますのでその限界の範囲で最大数を保つことが求められます。

部屋数に限りがあり、それ以上増やすことができない商売であることを認識し、適正な家賃査定を行うことが必要なのです。

設定する家賃は適切か

募集中の賃料、敷金・礼金・審査基準が近隣物件と比べた時、相場と見合う状態か確認してみましょう。少しの条件の差によって、長期に渡る空室が発生してしまうこともあるからです。

家賃査定の金額が高すぎると入居希望者から支持を得ることができず、空室解消に至りにくくなってしまいます。

反対に相場よりも設定された家賃が安すぎた場合、空室はすぐに埋まるかもしれませんが見込んでいた家賃収入を得ることができず収益の最大化を実現しにくくなるでしょう。

空室を埋めて収益を最大限に高めるためには、市場動向を理解した上で適正な家賃査定がポイントとなるのです。

家賃査定で適正な家賃を絞り出す

家賃査定を適正に行うため、物件のエリアをマーケティングする活動は必要不可欠となります。

エリアの人口推移や世帯数比較、増減率などにより、ターゲット層となる年代や世帯、性別を読み取ることが必要です。

さらに物件の状態を見直して、設備投資など検討することが求められます。その際、エリアのターゲット層が求める設備は何なのか把握することが重要となるでしょう。

競合となる周辺物件の情報を収集・分析し、所有する収益不動産と比べた時、何が不足しているのか、反対に強みとしてアピールできる部分はどこなのか強化対策と改善対策を検討した上で家賃査定に反映させます。

市場の変化に合わせて家賃も変えること

市場は時期や状況の変化により変動するものであり、物件の賃料も同様であると考えるべきです。家賃査定もその変化に対応する柔軟性が求められます。

家賃の上限と下限の範囲の帯を査定し、帯の範囲での時期や環境条件に併せながら家賃設定を変えていくようにしましょう。