家賃収入を途絶えさせないための空室対策として考えられることとは?

Pocket

空室対策とは、賃貸物件のオーナーが入居者のいない空き部屋を作らないために行う対策のことです。

退去が発生した部屋に、できるだけ早く次の入居者に住んでもらうためであったり、入居者にできるだけ長く住み続けてもらうためなど、いずれにしても家賃収入を途絶えさせないための対策といえます。

空室対策が実践されておらず、長期に渡り入居者がいない空室状態が続けば、想定していた家賃収入は入らなくなり賃貸経営を続ける上での打撃となります。

理想的な満室経営を実現し、それを維持するためにはどのようなことを対策として行えばよいのでしょう。

空室対策として時代に沿った設備の導入を検討してみる

賃貸用の物件が次々と建築されている今、何とか競合物件と差別化を図りたいけれどうまくいかないという場合もあるようです。

しかし、入居者にエアコンや宅配ボックス、無料Wi-Fi、カメラ付きインターフォンなど、生活を快適にする設備が備わっていれば入居希望者に選ばれやすくなります。

反対にいくら立地条件などがよくても、これらの設備が備わっていないことで選ばれない可能性も出てくるでしょう。

今の時代に沿った設備を設置することを、空室対策として検討してみるのも方法です。

リノベーションで物件の人気をアップさせるなら

今の時代に沿った設備に加え、部屋の間取りやデザインなどもやはり時代の流れに合うもののほうが選ばれやすくなります。

リフォームやリノベーションを行うとすると、ある程度費用がかかってしまいますが、例えば単身者向けのアパートなどの場合、ワンルームや1Kよりは1LDKが好まれる傾向にあります。

しかし簡単に間取りを変えることは難しいので、部屋のクロスを注目されている珪藻土を使った壁に変更したり、床を無垢材などあたたかみの感じられる資材を使ってみることで、一気にデザインが変わり自然素材のナチュラルな雰囲気になります。

ナチュラルリノベーションのメリット

無垢材を床に採用することにより、裸足で歩いたときやわらかみを感じることができますし、年月を経ることでだんだんと深みが増すのも魅力といえます。

ちょっと傷がついたとしても味となるため、退去されるたびに張り替えなくてもよいなど、原状回復にかかる費用を抑えることにもつながるはずです。

ナチュラルリノベーションで空室対策を行うことで、コストを抑えながら入居者獲得への期待を高めることができますので、検討してみてはいかがでしょう。