物件購入の借入れの申込で必要になる書類とは?

Pocket

住宅や収益物件を購入するときには、銀行から資金を借入れるということが一般的です。その際、住宅購入なら住宅ローン、収益物件購入ではアパートローンの申込を行うことになるでしょう。

それぞれの借入れにおいて、どのような書類が必要になるのか事前に確認しておくと慌てることがありません。

住宅ローンで必要になる書類とは?

まず住宅ローンですが、必要になる書類は購入する物件や金利タイプによって異なります。

すべての人に共通して必要になる書類は次のとおりです。

・ローン借入申込書
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
・収入確認資料(給与証明書、源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書など。個人事業主は納税証明書(その1、その2)、確定申告書(控)過去3年分)
・健康保険証(写)
・団体信用生命保険申込書兼告知書

□用途によって必要になる書類

後は、資金の用途として、どのような不動産を購入するのか、購入ではなく増改築などかによって必要書類は異なります。

目安として、明細地図、パンフレット、登記事項証明書(全部事項証明)、公図、図面、建築確認通知書、請負契約書・見積書、売買契約書(重要事項説明書添付)などがありますが、いずれも不動産業者に準備してもらうことになります。

□融資決定後に必要になる書類

さらに融資決定後には、

・金銭消費貸借契約書
・登記取次依頼書、委任状、領収書、振込依頼書
・印鑑証明書、住民票(新住所のもの)
・収入印紙
・登記済証(権利証)、登録識別情報通知書

が必要です。

アパートローンで必要になる書類は?

アパートローンの場合、借入れに必要な書類は取得に時間が掛かるものもあるので注意しましょう。

住宅ローンの必要書類以外に、

・保有資産の一覧(金融資産の保有額と合計の表)
・保有資産のエビデンス(保有資産の残高証明書、通帳の最終ページなど)
・返済予定表(既に借り入れがある場合は全ての返済予定表)
・家系図(配偶者を含めた家系図)

などが必要になることが多いですが、家系図などは不要な場合もあるので確認が必要です。

確定申告ができていなかったり、引っ越しで管轄する税務署が変わっている場合など、取得まで時間が掛かってしまうことになりますので、特に1棟目を購入するときは余裕を持って取得するようにしてください。

直前で慌てなくて済むように

銀行から資金を借入れるときにはいろいろな書類を集めておくことが必要です。できるだけ手続きがスムーズに進むように、前もってどのような書類が必要になるか把握しておくようにしましょう。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容