横浜市中区でリノベーションを検討する際、知っておきたいリフォームとの相違点

Pocket

いずれも建物の修築として同一視されがちなリノベーションとリフォーム。横浜市中区でいずれかを検討されている方も、両者の区別が判然としない方もおられるでしょう。双方の間にはどのような違いがあり、それぞれの長所短所は何なのか、確認していきたいと思います。

 

リノベーションとリフォームの違いとは

建物の老朽化などに伴って修築を予定している場合、主な選択肢としてはリフォームにするかリノベーションにするかの2択になると言えるでしょう。検討の際には、両者の違いを認識しておくことが肝要です。

 

リフォームとは、古くなった建物あるいは破損箇所が見られる建物について、元の状態に修繕する工事のことを指します。工事の規模としては、建物の一部から全体に至るまで様々です。

 

建物の価値や機能の観点から見れば、劣化によりマイナスとなっていた部分を修復し、マイナスの幅を縮めるための工事と言えるでしょう。つまり、建物の原状回復を目的とした工事に相当するわけです。

 

もう一方のリノベーションとは、建物を作り変える工事を意味します。例としては、増築して部屋数を増やすなど、その建物のスペックを向上させるための工事が挙げられます。そればかりでなく逆に、間取りを変えて部屋数を減らすケースも1例に当たるでしょう。つまりリノベーションは、建物の使用者の用途にあわせた改築全般を指し、目的の幅が広いと言えるわけです。

 

またリノベーションは、工事の目的という観点において、リフォームのそれを兼ねる側面をあわせ持つとも言えるでしょう。

 

リフォームは、老朽化や破損箇所の修繕という目的を持ちます。リノベーションではそのような部分を作り変えて刷新することにより、不具合の除去もなされるわけです。大抵のリノベーションでは、このように古くなった箇所や壊れた箇所の改善もあわせて行われます。

 

そのため、実際の工事は概ね規模の大きなものとなります。加えて、工事後の仕上がり具合は新築と比べても遜色のないものとなるでしょう。

 

それぞれのメリットとデメリット

では、リフォームとリノベーションには、それぞれどのような長所と短所が見られるのでしょうか。

 

リフォームのメリットとしては、リノベーションと比較すると工事費が安く抑えられるという点が挙げられるでしょう。しかしその反面、あくまでも現状維持であるため、建物の価値や機能が現状よりもアップするということはありません。

 

あくまで、老朽化や破損でマイナスになった部分を回復させる程度に留まります。そういった点がデメリットと言えるでしょう。

 

リノベーションのメリットとしてまず挙げられるのは、建物を刷新し、新たな価値や機能を付加させることができる点でしょう。現状以上の価値向上が見込めるわけです。また、新築と同水準と言える修築結果が得られるのに対し、新築工事よりも低コストとなります。概ね新築より20~30%ほど安くなると見なされています。

 

反面、リフォームと比較すると、工事費は高く、工事期間も長くなります。また、元の建物の状態によっては、耐震工事などの安全基準を満たすためのコストが掛かり、返って新築より高くなるケースも考えられます。そういった点がデメリットに相当します。

 

まとめ

以上のことから、リフォームは言わば原状回復であり、リノベーションは作り変えに当たるという双方の違いを確認し、それぞれの特徴について見てまいりました。両者の利点や欠点を含め、その違いを見極めた上でどちらの工事を依頼するか判断することが賢明です。

 

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容