横浜市中区でアパートをリフォーム・リノベーションする場合の費用の目安は?

Pocket

賃貸アパートを所有しているけれど、空室が目立つ場合や古くなった部分をリフォーム・リノベーションしたいという横浜市中区の方で、もっとも気になるのは費用がどのくらいかかるのかという部分でしょう。

リフォームやリノベーションを行うことで、空室対策につなげることができますし、何よりもアパートの資産価値を高めることもできます。

ただ、何も考えずに部屋や建物を工事してしまうと、費用が想定していたよりも大きくなってしまうこともあるのである程度の相場を知っておくことは大切です。

そこで、賃貸アパートのリフォーム・リノベーションをした場合の施工にかかる費用相場についてご紹介します。

壁や床を張り替える場合

部屋のイメージを変えたいなら、壁紙や床を張り替える内装のリフォームやリノベーションは有効です。

物件価値を向上させることにもつながりますし、間取りを変更するのと合わせて部屋の雰囲気も変えれば、これまでとは違うターゲット層を入居者として迎え入れることも可能となります。

特に和室から洋室(または洋室から和室)にリフォームまたはリノベーションする場合などは、部屋の雰囲気にあった壁紙や床を選ぶことが大切です。

壁紙の張り替えでかかる費用は一般的に㎡単価750〜1,500円くらいがおおよその相場です。

畳からフローリングへと変更する場合には1畳あたり3〜4.5万円が目安となります。

反対に和室から洋室へ変える場合には、6~8畳の部屋で55〜100万円くらいが相場となるでしょう。それに加えて押し入れをクローゼットに変更するなら8〜25万円、フローリングのみ張り替えるのであれば1畳あたり2〜6万円が目安です。

なお、間取りを変更する場合は部屋の広さによって異なりますが、例えば2DKを1LDKへと変えるのであれば33㎡あたり80〜160万円くらいです。

国土交通省が公表している住生活基本計画での最低限必要な広さの目安は、1人暮らしなら25㎡、2人以上であれば10㎡×人数+10㎡となっているので参考にするとよいでしょう。

外壁や屋根のリフォーム・リノベーション

外壁や屋根などの塗装工事は、どのような塗料を使うかによって費用が変わってきますが、一般的に2階建てアパートの外壁塗装でかかる費用は120〜300万円程度のようです。

水回りを交換する工事に係る費用

バス・キッチン・トイレなどの水回り設備は約10年を交換の目安とすればよいですが、使用方法によって年数は前後します。

キッチンにも種類があり、システムキッチンを交換するのなら50〜100万円かかりますが、ミニキッチンなら28〜50万円程度で済みます。

古いトイレで和式の場合など、洋式へと変更するのなら10〜40万円くらいを見ておくと安心です。

また、古いアパートなどに多い3点ユニットバスの交換なら46〜75万円、ユニットバスの交換は40〜75万円、浴槽の交換は10.5〜52万円、バランス釜を交換するなら20〜25万円が目安となっています。