横浜市中区でリノベーション|リフォームとの違いとは?

Pocket

横浜市中区でも古いマンションを買った方や住み続けている家が古くなった方など、リノベーションを検討しようと考えていることもあるでしょう。

ただ、リノベーションとリフォームは、どちらも似た言葉であり意味の違いなどよくわからないこともあるようです。

イメージとしてリノベーションは簡易的なリフォームと捉えていることもあるようですが、実際にどのような行為なのか言葉の意味をご説明します。

リフォームの意味とは

新築の建物でも時間が経てばだんだんと古くなり、汚れてしまいます。そのため内装を新しい時の状態に近づける改修を行うことがリフォームです。

剥がれてしまった壁紙を新しく貼り替えたりカーペットを交換したり、部分的に行う改修であり原状回復させることを目的として行うことがリフォームが意味することであるといえます。

対するリノベーションの意味

リフォームと違い、部屋全体の間取りや配管などまでつくり替え、新たな価値を生み出す改修がリノベーションです。

仕切り壁を取って広いリビングを作ったり、反対に広い間取りから部屋を区分したりなど、住む人の構成や生活スタイルに合わせて心地のよい間取りやデザインに変えてしまうのがリノベーションであるといえるでしょう。

古いマンションでもリノベーションは可能

単身の方が築数十年の中古マンションを購入した時など、例えばその物件がファミリー向けの3LDKだとしたら…。ひとり暮らしを快適にするため1LDKにリノベーションすることも可能です。

既存の内装を住む人が暮らしやすい形にするために、間取りや機能を刷新してその価値を向上させることができます。

内装すべてを一旦解体して行うリノベーションをフルリノベーションやスケルトンリノベーションといいますが、室内をすべて解体しリノベーションするという場合には配管や配線などインフラ部分を刷新することを可能とするのです。

同じ部屋や家に長く住み続けるために必要なこと

新築で家を購入した当初は、その時の家族構成や生活スタイルに合った部屋だったとしても、時間や時代の流れでそれらは変化するものです。

その変化に合わせて、最適な間取りや内装へと刷新していけば、長く同じ部屋や家に住み続けることができるでしょう。

また、アパート経営やマンション経営を考えている方なども、古くなった物件をリノベーションすれば今の時代に合ったニーズに対応できる物件を入居者に提供することができるようになります。