住む人のライフスタイルに合わせたリノベーションとは?

Pocket

マイホームを購入した後、何十年とその家で住むことを考えれば、快適な生活を維持するためにライフスタイルに合わせたリノベーションも検討することが必要です。

長い時間の中で、家族のライフスタイルにも変化がみられるでしょうし、建物や設備も古くなっていきます。

そのため、長年に渡り安心した暮らしを確保し、気持ちよく住み続けるには適切なメンテナンスや変化をつけることが必要といえるでしょう。

家族構成や家族のライフスタイルはずっと同じではない

例えば当初は子どもが小さかったので部屋数はそれほど必要なかったという家庭でも、子どもが成長するに合わせて自分の部屋を持たせてあげたいと考えるようになることはあります。

反対に子どもの人数だけ部屋を持たせてあげていたけれど、成長し独立して夫婦2人暮らしになったので、部屋数は必要なくなったという場合もあるでしょう。

このような場合にリノベーションすれば、快適な暮らしを確保しやすくなります。

中古マンションのリノベーションを検討してみる

例えば中古マンションを購入し、そこで暮らしたい方と考える層のニーズに合わせてリノベーションすると賃貸経営において入居者を獲得しやすくなります。

中古マンションのリノベーションは、新築物件を購入するより2~3割費用を抑えたい方にはおすすめです。

内装や設備を新品に変えていけば、新築の物件のような新鮮さを感じてもらえることでしょう。

自由に間取りを変えることができる設計なら

家族のライフスタイルはずっと同じではありませんので、それに合わせて住み替えを検討する方のために、ニーズに対応できる部屋を提供できることが一番です。

例えば可動式の間仕切り壁やアコーディオンタイプ、パネルタイプのものなどを使えば、子どもの成長などに合わせて自由に間取りを変化させることができるので長く住み続けてもらえる可能性が高まります。

他にも高齢になった時のために浴室やトイレなどに手すりを備えておいたり、車いすを利用した時のために廊下の幅を広めにしたり、といったバリアフリーを意識したリノベーションでターゲットとなる層も広げることができるでしょう。

長く住んでもらうための一工夫を

今のライフスタイルで快適と感じてもらうことはもちろんですが、長く住み続けた時に将来も暮らしやすいと感じてもらえる配慮を行った設計を施していきましょう。

色々な使い方ができる物件を作ることができれば、魅力もアップし入居者が集まりやすくなるはずです。