1Kマンションなどのリノベーションを行う時にかかる費用は?

Pocket

空室対策に1Kマンションをリノベーションして入居者を獲得したいと考える場合、どのくらいの工事費用がかかるのか気になるところでしょう。

工事を依頼する業者により、費用の算出方法などは異なると考えられますが、目安として把握しておきたい金額などをご説明します。

1Kの場合どのくらいの費用がかかる?

1Kやワンルームは、単身赴任中の方や学生などが一人暮らしをするための部屋として人気があります。ただ、ニーズに合わない部屋ではいくら家賃を下げたとしても入居者は獲得できません。

そこで思い切ってリノベーションを行おうと考えた時、気になるのがその費用です。依頼する業者により違いはあるでしょうが、1Kやワンルームのリノベーションで1㎡20万円程度とみておくとよいと考えられます。ただ、現在備えている設備などを取り外し配線や配管などを変えるのであれば費用はさらに高くなり、1㎡あたり35万円程度が相場となります。

内装や設備のみのリノベーションでかかる金額の目安

リノベーションにあまり費用をかけることができない、またはそこまでかける必要はないという場合で、内装や設備のみという場合もあるでしょう。

この場合、壁紙を張り替えるのなら10万円程度、フローリングを張り替えるなら20万円ほどが目安となります。さらに水回り設備を交換する場合であれば、ユニットバスが40万円、トイレは10万円、キッチンが20万円くらいを目安として考えておいてください。

排水管などの劣化にも注意を!

部屋の見た目を美しく、設備を新しくするリフォームやリノベーションなら、それほど大きな費用はかかりません。しかし、躯体部分を修繕する場合には金額が一気に高くなるので注意しましょう。

排水管など水回りは経年により劣化していくものなので、詰まったり水漏れが発生したりといったトラブルが起きやすくなります。

空室発生はメンテナンスに絶好のタイミングと考えてみては?

入居者の退去により部屋が空室になった時、リノベーションを行う上で水回りも修繕しておけば、トラブルが発生してから配管工事を行うことを防ぐことができます。

部屋が埋まっている状態でトラブルが発生してしまうと、一旦立ち退いてもらわなければならなくなるといったことも考えられます。後々大掛かりな修繕を行わなくてもよいように、定期的なメンテナンスはとても大切なことですので、適切なリノベーションを行うようにしてください。