横浜市中区で賃貸アパートの空室を発生させたくないなら

Pocket

空室化が進んでいる賃貸アパートですが、横浜市中区にも入居者が決まらず対策を検討しなければならないと悩んでいるアパートオーナーは少なくありません。

東京都内23区を例にとっても、1960年から1990年代に建設された木造アパートは20万戸以上存在します。

人口が増加傾向にあった時代であれば、アパートを建設すればすぐに入居者が決まったのですが、現在人口は減少傾向にあり空室を発生させない努力が必要です。

築古アパートでもニーズはいろいろ

アパートオーナーは賃貸経営を続ける上で、どうすれば空室を増やさないか考えなければなりません。他の物件とは違う価値をつくることが重要であり、さまざまな用途に対応できる空間や物件などを提供していくことが必要となるでしょう。

管理する上で街の特徴や、物件周囲にどのような人が住んでいるか、関わりを持つ不動産会社などが重要になってくると考えられます。

築古のアパートなどを所有しているなら、借りる側の視点で考えれば家賃が低いことに魅力を感じるものでしょう。

さらに住む場所としてではなく、新たに何か始めようとする福祉系NPOやスタートアップ企業などにも魅力に映ることも多々あります。

地域に住んでいる方が地域に密着したローカルビジネスを行う場所として、事務所を雑居ビルに構えるよりもよいと選ぶこともあるようです。

新型コロナの影響で住環境も変化

新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークが推奨されています。これまでは働く場所と住む場所は別でしたが、現在はベッドタウンとして選ばれていた住宅地が生活だけでなく仕事を行う場所としても使われるようになりました。

そのため地域ごとの生活に合うビジネスニーズが発生する兆しも見えつつあるといえます。外出自粛などの影響により孤独を感じる方が増える中で、共同住宅を通じたちょっとしたつながりを感じることができるのもアパートの魅力です。

これからアパートに求められるのは、単なる住む場所ではない新たなニーズに対応できる仕組みだと考えられるでしょう。

アパートを活かした街づくりも必要に

ソーシャル・ディスタンスを保つことが共通認識されるようになり、密な距離感から少し距離を取った環境が基本となりました。

住環境でも、他者の存在を感じながらも密接ではない点在という考え方が基本になっています。

アパート経営を続ける上で空室対策のための改修などはもちろん大切なことですが、それだけにとどまらず物件の存在する街そのものを魅力的にできる仕掛けをつくることができる取り組みがこれからは必要になると考えられます。