【不動産】安定した投資方法として注目したいのはやはり不動産投資?

Pocket

不動産に対し、利益を得ることを目的として投資する方法が近年では注目されつつあります。具体的な方法として、アパート一棟やマンションの一室などを購入し、賃貸住宅として人に貸すことで家賃収入を得るといったことや、購入した物件を売却して利益を得ることなどが挙げられます。

現物資産を手にすることができるため、株式やFXといった金融商品に投資するよりはリスクを抑えることができ、また、安定した収入を長期的に得ることが期待できます。

安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため、近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。

リスクを抑えて安定した資産形成が可能

現在、低金利水準が続いている中で、銀行預金などの金融商品を用いた資産形成はなかなか困難といえるでしょう。一方で利回りが高く望める金融商品もありますが、その分リスクも高くなるので一瞬にして投下した資金を失う可能性も出てしまいます。

その点、不動産に投資するアパート経営やマンション経営という方法は、物件選びに注意すればリスクヘッジが可能で、安定して資産を築くことに繋がるといえるでしょう。

マンション経営を行う場合

マンションの一室を購入して人に貸す場合、ローンの返済を家賃収入から賄うことができる可能性が高くなります。また、頭金も少額ですむなど、資金を抑えるという点で魅力が高くなるといえるでしょう。

ただし、家賃収入からローンの返済に充てることができるといっても、それはあくまでも空室がでなければという話です。仮に入居者が退去することになれば、次の入居者が決まるまで入れ替わり時期には空室期間が生じてしまう点は理解しておきましょう。

また、同じマンションでも中古マンションになると、物件の履歴を知っておくことが重要になります。

すでに同じマンションに入居している人にも注意が必要です。マンションの中に反社会勢力の人や新興宗教団体の入居者がいると資産価値が低下すると考えられますし、管理費や修繕積立金などの滞納がある場合は新しいオーナーが負担しなければならなくなります。

アパート経営を行うなら?

マンション一室ではなく、アパート一棟と土地を購入して、家賃収入を得ながらローン返済を行う方法も有効です。

どのくらいの大きさのアパートを経営するのかにもよりますが、一棟を購入するということはその分、初期投資が比較的大きくなることを理解しておく必要があるでしょう。

ただし、アパート経営であれば、仮に一室、空室が出ていたとしても残りの部屋が埋まっていれば家賃収入を得ることができます。空室リスクを分散させるという意味で、収支が安定しやすいところがメリットといえるでしょう。

リスクとメリットを理解した上で検討を

不動産投資の資金の準備は、ほとんどの人がローンを利用することになります。借金の額が大きくなるので、将来、金利が上昇するというリスクも踏まえた上で検討しなければなりません。さらに一般的な木造アパートだと、管理をしっかり行っておかなければ耐用年数も短くなってしまうため、安心できる管理会社選びも重要になると理解しておきましょう。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容