横浜市中区で修繕と営繕を行うには

Pocket

横浜市中区において、一戸建てやマンション、アパートなどの建造物に対しある一定の年数を経過すると老朽化が目立ち、修理が必要であると判断した場所に資産価値の向上かつ住環境の快適化を目的に修繕と営繕が施工されています。

修繕と営繕

本来の目的は資産価値を守ることであり、住生活をそれまでより快適なものにすると先に書きましたが、定義としては営繕と修繕は同義であると解釈されている専門用語です。最近では内装のリフォームとして言うようになりましたが、意味に関しては同一でありながらも内容に関しては修繕及び補修方法として違う箇所も存在しています。日常の清掃や共用部分の管理や消防設備を点検、部屋の設備に対する修繕(長期的)までとなっています。

営繕の意義について

消火器や水道メーター、階段の手すり部分や通路などの電球をLED方式への取替えなどセキュリティ向上を含む防犯面や防災、省エネの各種対策も営繕が行う意義の一つとなっています。

また、立体駐車場の場合は排水ポンプの交換やテラス部分のインターロッキングやタイル補修工事といった、マンションやアパートなどの集合住宅や屋根の修繕工事のような一戸建て住宅を対象とした工事があります。双方共通で水道メーター取替工事やコンセント部分の修繕工事といった、建造物に対する予防保全や資産価値を向上することを目的に施工されます。

さらに、水回りなどの老朽化により周辺住宅のそれと比べ見劣りする部分などを中心に内装リフォーム工事を実施することにより、築年数の古い建物に対し内部の設備は最新の住宅と比べ快適性アップへとつながります。

修繕をする意義について

本来は経年劣化により不具合などが生じた場合、それを建設初年の状態に使えるよう回復するための措置を意味していますが、営繕と同じ解釈を有しています。修繕工事の対象は分譲マンション系がほとんどですが、購入した状態にまで戻すとともに改修工事で同時施工すると価値観が向上するだけでなく、快適な生活を送りやすいともされているのが修繕工事の意義です。

メリットを述べるならば利便性と安全性、それに資産価値の向上へと繋がり、前述のセキュリティ面のほか障がいのある方などが安心して住めるバリアフリー対策にも力を入れられます。建造物の老朽化を放置するだけで下がる資産価値も修繕や営繕を行うほか、最新設備の導入などで価値の向上化にも貢献してくれます。

まとめ

横浜市中区での修繕と営繕ですが、一戸建てや集合式などの住宅系を中心として、建物も建造開始から徐々に老朽化が進行してきます。それに伴う資産価値の低下を防ぐ目的で行われ、最新設備などの導入を伴う付加価値向上や防犯面などの安全性強化などの狙いがあります。さらに快適な暮らしを提供するために欠かすことができず、マンションなどに関しては着工から完成まで5~8か月程度見込まれますが、定期的実施をする意味でも重要であると認識しましょう。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容