横浜市中区で始める空室ゼロの新築アパート経営

Pocket

新築でアパートを購入したのはいいが、空き部屋が多いまま入居開始せざるを得ないというケースが最近は多く、空室率が半分を超えていることも珍しくありません。価格やロケーションの良い物件を探すことも大事ですが、入居者を集めやすくするテクニックはこれだけではありません。今回は、横浜市中区で新築アパートの入居数100%を目指すための対策法を考えていきます。

 

空室を作らないためには

入居者獲得競争に勝利するには、近隣の物件と差別化を図る必要がありますが、まずは基本となる「適正な家賃設定」「信頼できる仲介業者選び」「広告を打つ」といった対策を実施します。最低でも完成一年前までには募集をかける必要があります。時期的には希望者が一番集まる2~3月に間に合うよう、11月~12月に完成予定日を設定すると良いでしょう。

 

近隣の新築アパート計画、設備や家賃設定を常に収集・比較し、いつでも対策がとれるようにしておきましょう。入居者のニーズを把握することが、空室を作らないマーケティングのポイントとなります。

 

早い段階でのプラン構築と、アパートの売り上げ予想もできる限り最悪のケースを想定した厳しめの予測を立てることが、リスク軽減につながります。

 

賃貸物件の管理

相続税対策用にアパートを建築する方はご高齢の場合は、販売している業者さんの知識不足やブラックな業者といった所から、言われるがままに、アパートを購入してしまうというパターンを散見します。

 

賃貸物件の管理は不動産会社か大家本人が行っています。大まかに賃貸管理は「入居者管理」「建物管理」「資金管理」に分けられ、「入居者管理」は賃料の管理や退去時の更新手続き、「建物管理」は設備の更新や修繕、「資金管理」は賃料や委託費の収支管理や納税準備など多数の仕事があります。

 

所得税・住民税の節税用にアパートを購入するなら、減価償却や損益通算に関する知識も覚えておきたい知識です。

 

最近の新築空き家問題を知らない方が、業者さんに一任することで失敗してしまうケースをよく見かけます。業者の方に一任すればすべて安心ということではなく、基本的な知識を身に着けておくことで失敗を回避できる自衛方法が身に付きます。

 

物件のメンテナンス

いつ内覧の予定が来ても大丈夫なよう、部屋の掃除はしっかり行っておきましょう。人が生活していない部屋は、あっという間にほこりがたまります。常に清潔な状態に保っておくことで入居希望者の意欲を後押しするだけでなく、入居後の良好な関係にもつながるでしょう。

 

まとめ

人口減少により、新築でアパートを作れば満室スタートできるという時代ではなくなってしまいました。常に満室を目指すのであれば、需要の理解とこまめな管理を怠らないことです。学校の近くであれば学生、家族向けであればスーパーの近くといった、どういった層をターゲットにするかも大切です。

 

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容