横浜市中区でアパート経営をしているならこのように電気代削減を!

Pocket

横浜市中区でもアパート経営をされている方は多くいますが、中でも気になるのが必要経費として挙げる項目です。

アパート経営をしていると想像していたよりも電気代がかかると感じることもあるでしょうが、必要経費は漏れのないように計上していくとともに、どうすれば削減できるか考えていくことが必要といえます。

想像していたよりも電気代が高い?

一般的な商取引などで経営していれば、材料の仕入れや人件費などに多く資金がかかるものです。しかしアパート経営はオーナー単独で行っていればこれらの費用は必要になく、限られた経費のみの発生で済むことがメリットである反面、それらの経費をいかに削減していくかが重要となります。

中でも電気代はできるだけ削減したい部分ですが、アパート経営で発生する電気代は共用部分に対してです。

エントランスや廊下の電灯、オートロック、水道のポンプなどに電気代がかかり、特に築年数が経過したアパートであればその費用は高額になりやすい傾向が見られます。

電球の数を削減するといった方法もありますが、明るさを確保できなければ入居者が点灯しケガを負う可能性もありますし、何よりも暗い印象を抱かせるなどアパートの雰囲気が悪くなり退去率を高めてしまうかもしれません。

また、駐車場の横にコンセントが備わっている場合には、アパートの入居者が保有する車内の清掃で掃除機を使用するなど電気を使うこともあるでしょう。

アパート経営で電気代を削減するには?

これらのことも踏まえ、アパート経営で電気代を削減する方法として考えられるのは次の2つです。

LED導入などで省エネ対策

LEDは消費電力が低いため、一般の電球を使うよりも電気代は削減しやすくなります。

さらに電球そのものの寿命も短いため、交換回数が減るなどもメリットとして挙げられるでしょう。紫外線もほとんど含まないので、虫が集まりにくくアパートの印象や雰囲気を悪くしないのもよい点として挙げられます。

ただしすべてを一度にLEDに交換した場合には一時的な費用負担が大きくなるので、ワット数が大きな電球を使用している時以外は交換時期に省エネ対応のものに変更するとよいでしょう。

電気の自由化による小売会社を選択する

2016年からは電気の自由化が始まり、電力の小売会社を選ぶことが可能となっています。

従来の電力会社や利用プランでは高いと感じる場合には、思い切って切り替えた方が電気代は安くなる可能性も十分にあるでしょう。

どの小売り会社を選ぶかについては、エリアによって差はあるものの相見積もりなどを取得した上で比較することをおすすめします。