横浜市中区でアパート経営を行う方が知っておきたい空室問題を解決させる方法

Pocket

2020年に開催予定だった東京オリンピックは2021年に延期されましたが、開催以降は景気が後退し都心部やその周辺の住宅需要も縮小されてしまうのでしょうか。

そうなると横浜市中区などでアパート経営を始めようと考えている方なども、何か影響や問題があるのでは?と心配になってしまうかもしれません。

いざアパート経営を始めたものの、空室ばかりで入居者が獲得できなければ意味がありません。そこで、今後考えられるアパート経営における空室問題にはどのように対策を行えばよいのか事前に考えておきましょう。

なぜアパート経営で空室状態が続いてしまう?

アパート経営を行っていれば、例え景気がよい時でも何らかの原因で空室期間が長期化するといった問題が発生することもあります。

大切なのは空室状態を長引かせないことですが、何が原因で問題となっているのか把握し、改善できる的確な方法を見つけ出すことです。

主に空室状態が続いてしまう理由として挙げられるのは、次のような原因といえるでしょう。

・家賃が周辺の相場よりも高めに設定されている
・敷金や礼金、更新料など初期費用や更新時に発生する条件に問題がある
・アパートの外観や間取り、立地などが対象とする層のニーズに合っていない
・対象とする層に合わせたアパートでもその層がいないエリア
・アパートの築年数や間取り、設備、立地などの条件が競合物件より劣っている
・維持や管理などに問題がある
・広告宣伝が有効に行われていない
・仲介を依頼している不動産会社が熱心に募集活動を行わない

空室問題を解決するための方法とは?

家賃など費用的な面で入居者が獲得できないのなら、まずは金額を下げればよいのでは?と思うかもしれません。

しかし安易に家賃を下げてしまうと、その後の収益に大きく影響するため最終手段と考えるべきでしょう。

ただ、周辺相場や地域的なニーズに反した家賃設定の場合には、条件を見直したほうがよい場合もあります。

家賃そのものを下げるのか、それとも敷金や礼金を低く設定するかなど、十分に検討して決めるようにしましょう。

競合よりも魅力あるアパートに

競合物件よりも見劣りしていたり、間取りや設備などがニーズに合っていなかったりという場合には、リノベーションやリフォームを行ってニーズに対応できる形を整えましょう。

費用はかかるかもしれませんが、グレードを高めることで希望どおりの家賃設定で入居者を獲得できるようになるかもしれません。

また、リノベーションなどで新築同様になった部屋に、最新設備などが備わっていればその分、清潔感を重視する方には魅力的な物件と評価されるようになります。

まずはできる部分から改善し、空室を長く発生させないアパート経営を行うことが大切です。