アパートは修繕やメンテナンスを定期的に行うことが重要である理由

Pocket

アパート経営を行う上で、建物の修繕やメンテナンスについて無計画では失敗してしまう可能性が高まります。

不動産経営を始めようとする時、初期費用の準備や経営を始めた後の収益などには注目しがちですが、将来的に必要となる修繕やメンテナンスはつい見落としがちになってしまう傾向が見られます。

アパート建物の外観や設備を適切な状態に保つには、日ごろからのメンテナンスや一定期間ごとの修繕がとても大切です。

そのため、アパート経営を始める前に修繕やメンテナンスに必要な費用は事前に資金計画に盛り込んでおくようにしましょう。

老朽化する建物を回復させるために

アパートに限らず、建物は風雨に常にさらされている状態となるため経年により劣化しますし、人が住み続けることで使用により損耗していきます。そのため定期的なメンテナンスは欠かすことができず、施すことにより長期に渡り維持を保つことが可能です。

さらに見た目が良くない物件では入居者も獲得しにくくなりますし、快適な住まいでないと判断され退去者を増やす結果となる可能性もあると認識しておきましょう。

定期的なメンテナンスは結果として修繕費用を抑えることに

メンテナンスや修繕が必要なら、一度にまとめて施せばよいのでは?と思うかもしれません。しかし大規模な修繕には多くの費用がかかるため、負担が重くなってしまいます。

こまめにメンテナンスを行っていれば、大規模修繕の際にかかる負担を抑えることにもつながるでしょう。

一般的に大規模修繕計画は10年以上の長期的なスパンで考えることになり、まとめて発生する多額の資金を捻出する計画を立てておくことが必要です。

大規模修繕に適した周期は?

劣化した建物や設備などを新築した時の水準にまで戻すことを基準とする大規模修繕については、一般的には12年を一定期間として実施することが理想的といえます。

ただ、修繕にかけた費用に対してどのくらいの収益を見込めるか考えると、もう少し時間が経過してからでもよいと考えるケースもあるようです。

不動産経営を行うのなら、結果として利益が出なければ意味がありません。そのため、あまりに時間が経過しすぎれば入居者を獲得しにくくなりますし、入居してもらっても快適に住んでもらうことができずすぐ退去につながる可能性もあると認識しておきましょう。

忘れてはいけないのが部屋の原状回復

また、部屋の退去者が発生した時には、新たな入居者を獲得するために室内を原状回復させる修繕も必要です。原状回復にかかる修繕の費用を抑えるためには、できるだけ入居者に長く住んでもらうことがポイントとなります。

定期的なメンテナンスや修繕により入居者が快適な生活を送れる場所だと感じてもらえる状態を保ち続けることが重要であるということです。