アパート経営でどのくらい収益を見込めるか確認したいなら利回りの計算を

Pocket

アパート経営を始める時に、気になるのは利回りがどのくらいになるかという部分でしょう。

利回りとは支出に対する利益の割合ですが、アパート経営を始める前にどのくらいの収益が見込めるか判断する基準となります。

購入する物件が本当に利益をあげることができるのか、どのくらいの期間で初期投資した費用を回収できるのかなど、知る上でも利回りを確認しておくようにしましょう。

利回りには種類がある

利回りには表面利回り、実質利回り、想定利回りという複数の種類があり、それぞれ何を知りたいかによって用いる利回りも異なります。そこで、どのようなことを示すのか利回りごとの特徴を把握しておきましょう。

表面利回り

年間得ることができる収入を購入価格で割った数値が表面利回りです。

表面利回り=年間収入÷購入価格

という計算式で算出できますが、おおよその収益力を把握することができます。ただし物件購入時点による単年度の指標なので、その後の利回りを維持できるかはわかりません。

実質利回り

家賃収入から、管理費や修繕費、税金、保険料など、運営にかかる経費を差し引いた金額を購入価格で割って算出します。

実質利回り=(年間収入-年間支出)÷購入価格

という計算式で算出できますが、ランニングコストを差し引いた利回りなので、表面利回りよりも正確な収益力を判断する目安となります。

想定利回り

全室満室状態を想定した上で、年間の家賃収入を購入費用で割ってあらわしたのが想定利回りです。

想定利回り=年間収入÷購入価格

という計算式で算出できますが、投資物件の広告などに記載されているのはこの想定利回りであることが多く、あくまでも想定によるものなので確実ではありません。

利回りばかりにとらわれすぎないことも大切

利回りを計算することで、投資用のアパートがどのくらいの収益を生み出す力があるのか判断することができます。

ただ、計算上の利回りが高いから安心というわけではありません。アパート経営を始めても、入居者が決まらなければ家賃収入を得ることはできませんし、収益を上げることももちろんできないからです。

地域の特性や住んでいる方の多い層などを確認し、ニーズに合う物件を選ぶことが大切になるといえるでしょう。

もし気に入った物件が見つかったら、家賃や入居率、年間かかるランニングコストなど、アパート経営する上でどのくらいになるのか考え、どのくらいの利回りになるか目安として計算してみましょう。