資産運用には平均どのくらいの利率が必要?目指す利回りは?

Pocket

運用における利回りとは、年何%の利率で資産を運用するかを表します。現在、銀行の定期預金の利回りが0.2%程度なので、お金を預けても増えることは期待できないと言えます。
毎月いくらを、どのくらいの利回りと期間で運用していくかを決めることが重要ですが、毎月できるだけ多くのお金を高利回りで長期間運用することにより、高いリターンが期待できると言えるでしょう。

 

毎月一定金額を積立てるために考えるべきことは?
毎月いくらずつ何年積立てていくのか、そして何%くらいの運用を目指すのかを決めましょう。なるべく長い期間運用を続けていくことを考えておけば、金融危機などが訪れて損をしたとしても挽回する機会が訪れる可能性もあります。
また、年齢が若くて運用する期間を長く持てるのなら、仮に
をしたとしても挽回することができるため多少リスクをとっても良いと言えます。ただしリタイアが近い50代以降の場合は、リスクを控えて安全性を重視した運用を行うようにしましょう。

 

ポートフォリオはどのように組む?
あとはどのような金融商品で運用するのか、どのようなポートフォリオを組むべきかを検討することが必要です。
投資信託で運用することを考えるのなら、組み合わせるものを株式にするのか、それとも債券メインにするのかによって、期待できる利回りも異なります。
組み合わせによって期待できる利回りの目安は次の通りです。

・期待できる利回りが1%の組み合わせ
日本国債や社債などを組み合わせた日本債券型の投資信託などが該当します。国内債券は国や企業など、発行元が破綻しなければ元本割れすることのない低リスクが特徴です。

・期待できる利回り3%の組み合わせ
国内債券や株式、それに欧米先進国の債券や株式を組み込んだ投資信託の場合、為替変動リスクは高くなりますが、先進国なので限定的なリスクで済むと考えられます。

・期待できる利回り5%の組み合わせ
ある程度はリスクを取ってでも利回りを追い求めたいなら、日本債券より先進国債券をメインにしてポートフォリオを組み、あとは株式で積極運用を行う形にしましょう。

・期待できる利回り7%の組み合わせ
株式をメインにして組み合わせていきますが、先進国よりも成長性が高く値動きが激しい新興国株式なども混ぜていきます。不動産を組み入れたREITなど、海外不動産の成長性に期待して組み入れていくことも必要です。

・期待できる利回り10%の組み合わせ
株式メインですが、先進国と新興国の株式で運用し、新興国株式の割合を大きくすることでさらに期待できる利回りを高くできます。ただし価格変動リスクが拡大されるので、積極運用を希望する人向けの組み合わせです。

 

リスクと利回りの高低を比較しながら検討を
抱えるリスクの高さを考えながらポートフォリオを組んでいくことが必要です。リスクが高くなれば期待できる利回りも高くなりますが、損をする可能性も高くなるので納得の上で運用しましょう。
なお、1つの商品で事前に8つの資産に分散されているバランス型投資信託などもありますので、組み合わせが良くわからないという場合には検討してみても良いでしょう。