アパート経営のコスト削減には水道光熱費の見直しが必要?

Pocket

アパート経営を行っていると、他の投資方法と違って水道や光熱費などコストが掛かると感じることはないでしょうか。
少しでも多くの利益を追求するのなら、かかる経費を上手く削減することは大切です。ではアパート経営において、どのような費用が経費として認められるのか、経費を削減するポイントなどを確認していきましょう。

 

アパート経営で経費と認められる費用
アパート経営では様々な費用が掛かります。主な経費として、租税公課、損害保険料、委託管理費、修繕費、減価償却費、水道光熱費、借入金利子などが挙げられますが、他にも様々な費用が経費として認められます。
経費にならないと思われがちな費用に、不動産経営のための書籍や管理会社との打合せに使った飲食代や交通費などが挙げられますが、これらの費用も税務上合理性が認められれば経費として計上することが可能です。

 

管理委託費は見直せば削減できる
まず、物件の管理はオーナー自らが行うのではなく管理会社に委託している場合、管理会社に対して手数料を支払うことになります。この時にかかった費用も管理委託費として経費にすることが出来ますが、どのくらいの費用が必要なのかについては管理会社やどこまで業務を任せるかによって異なります。
一般的には5%、高額なところでは10%くらい掛かるところもありますが、低い場合で3%くらいのこともあるので、手数料が割安な会社を選ぶことや、委託する内容などを確認しながら削減できないか検討してみましょう。
例えばオーナー自らが出来ることは自分で行ったり、共用部分の清掃は料金の安い専門業者に委託したりなど、管理会社一社に全て任せず分散させることでコストが削減できる場合もあります。

 

コスト削減に繋がりやすいのは水道光熱費
そして高くなりがちな費用の種類に、水道光熱費が挙げられます。この場合、例えばガス工事を都市ガスからプロパンガスに変更してみましょう。ガス設備工事の費用はプロパンガス業者の負担してくれますし、給湯器や浴室乾燥機、エアコンなどを無償で設置してくれるケースもあるようです。
水道代についても、アパートを建設する敷地内に飲用可能な井戸水があることで水道負担金を支払う必要はなくなります。電気代も太陽光パネルを設置することによって、余剰電力の売電を可能とし、自治体から補助金が出るというケースも考えられます。
ただし費用が削減できるかについては、依頼する業者や地域によって異なりますので確認した上で検討するようにしましょう。