古民家リノベーションのメリットとデメリット

Pocket

古民家リノベーションが人気
現在古民家リノベーションは人気になっております。
人気の理由としては、日本の古民家特有の雰囲気や味わいを生かす事で、現代建築にない魅力が出るという事と先祖代々引き継いできた伝統ある家を、先々の将来に渡り残していきたいという想いが人々の中にあるようです。
古民家のリノベーションに関しては様々なメリットとデメリットがあります。それらをご紹介していきたいと思います。

 

古民家リノベーションのメリット
①建築材料の強度が強い事
古民家の建築に使われている材料はヒノキやケヤキが多く、それも樹齢100年を超えるものも珍しくありません。樹齢が100年を超えるヒノキは、伐採されて最も強度が強まるといわれており、その最も強い強度がその後、200年から300年は維持されるといわれています。
強度が落ちるのは伐採後1200年経過してからともいわれています。ケヤキの場合も、伐採後800年は強度が落ちないといわれています。こうした材料を用いて建てられている古民家は材料の強度を考えれば、まだまだ活躍が出来るのです。それに加え古民家特有の雰囲気を生かした独自のデザイン性を出すことが出来ます。
現在の一戸建て建築はパターン化しており、似たような造りが多いですが、古民家はそういったパターンが無い時代に建てられたものなので、その造りを生かした自分だけの家にすることが出来ます。

②資源の再利用や保護につながる
古民家をリノベーションすることは、柱や梁などを再利用することです。こうした資源を再利用することで、新たな不要な伐採などを減らし、資源の保護に繋がります。
古民家に使われている材料には、シックハウス症候群やアトピーやアレルギーに繋がるような材料が使われていません。そういう意味でも古民家のリノベーションは環境にも人にも優しいといえます。

③固定資産税が安くなる
固定資産税は築年数によって税額が決定するので、新たに新築を立てるのと比べ固定資産税が安くなります。ただし、増築する場合は固定資産税の評価の見直しが行われるため、税金が安くなるとは限りません。

 

古民家リノベーションのデメリット
古民家リノベーションに関してメリットばかりではなく、デメリットも存在します。現在の一戸建てというのは、一年通して快適に過ごすことが出来るように設計されています。しかし、古民家の多くは風が建物全体に巡るような設計になっています。
そのため夏は涼しく過ごすことが出来ますが、冬は暖かい空気が逃げやすい構造のため、寒いです。そして、古民家は耐震性に不安があります。これは、設計の問題というよりは、建築されてから長い年月が経過しているので、見えない部分に亀裂や損傷がある可能性があるためです。
こうしたデメリット部分を補う工事を行うには、多額の費用を要します。これも、古民家リノベーションのデメリットの1つでしょう。

 

古民家リノベーションの今後と必要性
現在日本では、空き家の再利用に関して大きな社会問題になっています。そういった問題解決の1つにリノベーションは大きな可能性を秘めています。
しかし、日本では新築に対する需要が高く、リノベーションの魅力の周知とデメリット対策を進めていく必要があるでしょう。