不動産投資の賃貸管理はプロパティマネジメントが良い?

Pocket

不動産投資において所有と経営を分離するという考え方を行い、プロパティマネ-ジャーという専門スタッフがオーナーに代わって収益不動産の資産価値を最大限に高めて運用していく手法をプロパティマネジメントといいます。
収益不動産をオーナーに代わって経営していくサービスなので、不動産など投資用資産のポートフォリオ全体を運営管理する業務であるアセットマネジメントに対し、プロパティマネジメントは物理的な運営管理を指しています。

不動産の資産価値を高めるために必要
現在不動産を取り巻く環境は変化していますが、投資収益を最大化するには資産価値を最大限に高めることが必要です。そのためプロパティマネジメントを導入することが経営戦略において必要不可欠だと言えるでしょう。

プロパティマネジメントの役割
プロパティマネ-ジャーはオーナーの立場となり、運営戦略を立案し、運営や管理業務を実行していきます。どのような業務を行うかについては、次のような業務が挙げられます。

・リーシングマネジメント業務
物件の稼働率を高めるために、空室にテナント誘致を行います。そのために必要なマーケット調査やポジション査定、そしてテナント募集の企画と立案などを行い、テナントを募集した上で賃貸借契約を締結します。空室はビルの収支に大きな影響を及ぼすことになりますので、他にも必要に応じた各種提案などが行われます。

・テナント管理業務
入居するテナントとの窓口の役割を行い、コミュニケーションで良好な関係を構築していきます。それによってクレームの発生や賃料未払いを抑制し、テナントの動向なども早期に知ることができるでしょう。

・請求出納業務
請求書を発行し入金を確認する業務や、各種費用の支払い手続きなど、毎月のキャッシュフローを管理しレポートを作成していきます。

・建物管理業務
ビルの日常的な巡回点検、そして定期点検や自主点検、清掃業務といったハード面での管理を行います。ビルの美観を保ち、快適さを保持するためにも清掃面ではしっかりと管理していく必要があります。入居者だけでなく来訪者の印象や満足度にも影響するので、適正な保守管理ができているかが建物の資産に影響することになるでしょう。

・コンストラクションマネジメント業務
中規模から大規模の改修やリニューアル工事を行う場合には、計画を立てた上で実行することが必要になります。コスト管理だけでなく、品質保持、有用性や快適性、さらに安全性なども確保すること、さらに工事の進捗についても管理していくことが必要です。

収益向上を目指すオーナーは検討を!
不動産経営を行うオーナーが賃貸物件の管理を考える時、事情に合わせて親身なソリューションを提供してくれるサービスがプロパティマネジメントと言えます。
収入増加策の提案や、メンテナンス計画、コスト削減など、様々な面で収益を極大化を期待するなら検討してみると良いでしょう。