賃貸管理を依頼する管理会社の選び方は?経営成功のために

Pocket

賃貸住宅の経営を成功させたいのなら、不動産経営に関しての知識や実務に精通することが望ましいと言えます。なぜなら入居者を募集すること、家賃を滞納している人へ督促を行うこと、日常的な清掃管理や原状回復など、賃貸住宅の経営には様々な業務が必要だからです。
しかし自分で管理が完璧にできるという人はそれほど多くありませんので、業務を代行してくれる管理会社に依頼することが一般的でしょう。
管理会社選びは賃貸住宅経営を成功に導くか大切な分岐点になります。いかに優秀な管理会社を選ぶことができるのかが鍵になりますので、経営する上でのパートナーであることを認識した上で選ぶようにしましょう。

管理会社の管理業務とは?
管理会社の管理業務には、建物や施設を保守・維持していく建物管理業務、そして家賃を集金したり入居者のクレームに対応したりという入居者管理業務があります。
建物管理業務と入居者管理業務は全く異なった業務なので、一方だけを扱う管理会社もあれば2つを扱う管理会社もあるようです。

賃貸住宅を経営する上で重要な管理業務は?
建物管理業務と入居者管理業務、どちらも賃貸住宅を管理する上で大切な業務ですが、賃貸住宅を経営するため特に問題になるのは入居者募集、契約、集金、滞納督促、空室対策など入居者管理業務です。

管理会社に依頼する時の形式
管理会社に依頼した場合の入居者管理は、家賃の集金や督促は管理会社が行い、滞納リスクは家主が背負うという「集金管理」、管理会社が入居者に代わり代納する「滞納保証」、滞納や空室いずれのケースでも管理会社が家賃を代納する「家賃保証(サブリース)」があります。
集金管理と滞納保証は家主が空室リスクを抱えることになりますが、家賃保証は家主がリスクを負う必要がなくなります。
しかしリスクが大きい分、管理会社に支払う手数料も当然高くなります。収支を考慮した上でどの形を選択するかを決めることが望ましいでしょう。

優秀な管理会社を選ぶポイントは?
管理会社と契約を締結し、賃貸管理を任せる場合には信頼できる管理会社かを確認しておく必要があります。
例えば審査基準が甘すぎないかも確認しましょう。甘い審査基準は空室が埋まりやすくなりますが、不良入居者が増えることになるので滞納問題や入居者トラブルが多発する可能性もあります。
具体的な入居審査の基準や審査方法について、事前に確認しておくようにしましょう。

トラブルにしっかり対応できる管理会社の選択を!
入居審査が明確にされても、いざ滞納問題や入居者トラブルが起きた時にしっかり対応できる管理会社かを確認しておく必要があります。
明文化された対応マニュアルがあるのか、入居者さんに対して生活のルールを周知徹底づけるようにしているかなども確認が必要です。
他にも管理会社の経営状況、保証会社、清掃管理など、様々な点で確認しておくようにしましょう。