もめない相続のために

Pocket

「もめないための相続対策」をテーマにセミナーを11/11に実施しました。
(年内最後のセミナーも好評により満席で終えることができました)
色々な事例があります。相続人での話し合いが必要なケースではもめることが多く、一方小家族化の場合は配偶者と子供1人というケースが多く、もめる確率は相当に低くなります。
子供が2人以上でも、子育ての仕方、親の考え方、相続準備により、もめる可能性は低くなります。遺言がない場合は、家族で財産の分け方を話し合うことになります。将来だけでなく現在もお金に不安があれば、多くもらいたいと思いますし、今すぐ現金が必要な場合も。良い財産は順調に家賃収入が入ってくるアパートなどですが、このような財産は誰でも引き継ぎたいもの。調停など相続争いの場でも、良いアパートの取り合いがほとんどのよう。
もめさせないためには、財産の分け方を示した遺言と、良い財産を残す対策が必要になります。

お問い合わせ

    お名前*
    フリガナ*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    メールアドレス確認用*
    お問い合わせ項目*
    お問い合せ内容

    内見・申込等の方へ