空室状態のオフィスビルなど有効活用する方法は?


日本社会として抱えている課題に、増え続けている空き家や空きビルの問題があります。

空室状態で放置されたままの空き家や空きビルの貸店舗などは、地域の活性化を大きく妨げることになるため、有効活用することが望ましいとされる状況です。

そのような状況の中、若い世代の働き方が変化したことに伴い、一部の空室などでは自由な発想で空室が住居やオフィスに限定されず使われるようになっています。

では、どうしたら自身が所有しているオフィスビルなどの空室も、テナント入居の希望者を増やすことができるのでしょうか。

他のオフィスとの差別化が重要

自由な発想で空室が利用されるようになるには、利用用途を拡大し、若い世代でも利用しやすいように賃料を値下げすることが求められるでしょう。

さらに、今備えられている設備で不要な部分はのぞき取り、新しいものを備えるなどリノベーションなどを施し、利便性が高いと感じられる場所に変化させることが必要です。

他のオフィスなどでは叶うことのない設備などが備わっているなど、その場所を使用するメリットを作ることで、ターゲットを絞ったインフラの準備に繋がると考えられます。

レンタルオフィスやレンタルスペースとして活用してみる

空室を必要な時だけ使ってもらえるようなレンタルオフィスやレンタルスペース、レンタル会議室などで貸し出すことも方法の1つといえます。

ずっと空室のまま放置するより、大規模なリノベーションを必要とせず、初期費用も抑えた有効活用が可能です。通常のテナントが決定するまでの措置として貸し出すのもよいでしょう。

□形式にこだわらず様々な需要に対応

テナントとして貸し出すという形式にこだわらなければ、運用方法は色々と広げることができます。物件によって利用できる方法は様々なので、エリアに眠る需要などを見出し、どのような活用がもっとも有効か検討するようにしましょう。

なお、レンタルスペースやレンタル会議室としてオフィスの貸し出しを行う場合には、インターネットの貸会議室の予約サイトなどに登録すると幅広く希望者を募ることができます。

柔軟な発想で空室の有効活用を!

空室状態のままで放置される空き家や貸店舗などは、周辺の防災、不経済、イメージダウンといった地域全体の問題に繋がっていきます。

築年経過などで入居率が低下していると判断できる場合などは、早めの空室対策を行い、収益改善を行うようにしてください。

特にオフィスビルの空室対策は柔軟な発想が求められているため、どのような可能性があるのか探りながら、新たな需要を掘り起こすことを行っていきましょう。