空室が長く続く原因とその解消方法とは?


空室状態が続いている部屋がある場合、入居者を募集しているのに問い合わせなど反響が見られず、長く募集活動を続けなければならないということもあるようです。

しかし、空室状態が続くことは何らかの原因があるはずですので、何が原因なのか、改善するためにはどうすればよいのか確認しておきましょう。

空室が続く原因と考えられる要素

空室が続く原因として、周辺の賃料相場よりも高い家賃の設定になっていないか確認してみましょう。家賃だけでなく、敷金・礼金、更新手数料の条件などに問題はないかも確認が必要です。

また、立地条件、建物の築年数、設備、間取りなど、周辺の競合物件よりも劣ると考えられる要素や、維持管理に生じている問題なども洗い出すようにしてください。

魅力がない物件には入居を希望する人は集まりませんので、競合物件と差別化できる部分も必要です。

劣る部分が多いと感じるのなら、新たな設備投資や建物のデザイン、間取りの変更など、リフォームや設備交換も検討してみましょう。

募集活動に問題はないか確認を

入居を希望する人が現れない原因は、物件だけにあるとも限りません。もしかしたら、現在行っている募集活動に問題があるかもしれないからです。

そこで、一定期間、募集活動を続けても借り手が見つからないという場合、実施している募集活動を見直すようにしてください。

不動産会社に、特別な広告宣伝を依頼するなら追加の広告費が必要になる場合もあります。そのため、どのような募集活動が可能なのか、費用面も含めて確認するようにしましょう。

また、依頼している不動産会社の募集活動が、あまり熱心であると感じられない場合、不動産会社を変更することも必要になるかもしれません。

改善できない部分が空室の原因なら条件の見直しも必要

改善できる部分は多々ありますが、立地や築年数など変更しようのない部分もあります。この解消できない部分が理由で入居者が決まらないという場合、募集条件を引き下げることも検討しましょう。

収支に影響する部分ではありますが、空室状態が続くほうが悪影響のため、引き下げも現状を打破する方法の1つと理解することが必要です。

不動産会社に直接空室対策についてきいてみる

入居者が決まらず、空室状態が続くことは不動産経営を行うオーナーにとって大きな痛手です。そこで、依頼している不動産会社から、実際にどのような募集活動が行われているのか、反響の様子などを定期的に確認するようにしましょう。

あまりに反響が少ない場合、どのような対応方法を検討しているのか、不動産会社にたずねてみることも必要です。