入居や退去はどのように決めれば良い?引っ越しを行う時の基本


引っ越しすることが決まったら、今住んでいる賃貸住宅から退去する日、そして新居へ入居する日を決めなければなりません。

しかし、この時に退去手続きのタイミングを間違ってしまうと、退去予定の住居と新居の家賃を二重で支払うことになってしまう可能性があります。

そこで、この2つのタイミングを間違わないためのポイントを押さえておくようにしましょう。

家賃の二重払いをできるだけ抑えるために

近隣に引っ越す場合でも、退去する時には不動産会社と立会いを行うことが必要になりますし、ガスの閉栓や開栓の立会い、引っ越し作業など、行うことは色々あります。

そのため、何をいつまでに手続きするべきか流れを把握した上で、無理なく計画することが大切です。

また、退去予定の住居の契約は解約し、新居の契約の契約期間が重なっているとそれぞれの家賃や管理費の支払いが必要になります。

そこで、この家賃の二重払いをできるだけなくすために、解約手続きを行うために必要なことや、退去する月の家賃は日割りになるのかといった物件ごとの契約について確認が必要です。

現在の住居の契約内容を確認すること

入居日と退去日を決める時の流れを把握しておくと、タイミングを間違いにくくなります。

退去予定の住居の契約内容で、いつまでに解約の通知を行わなければならないか確認しましょう。

この通知が遅れてしまうと、家賃を二重払いする期間を増やしてしまうことになりますし、タイミングが悪いと契約の更新日を過ぎて更新料を支払うことになってしまいます。

解約方法についても、電話連絡だけで良いという場合もあれば、書面を提出することを求められることもあります。

また、新居へいつから入居できるのか、不動産会社に確認も必要です。

先に引っ越し業者の見積もりを

一般的に新居での家賃は入居した日から日割になることが多いので、退去日と入居日が同日なら出費を抑えることに繋がります。

入居日を決める時に、不動産会社に退去日を伝え、いつまでなら入居日の調整が可能かなど確認してみましょう。

ただし、退去日と入居日を同じ日にできたとしても、引っ越し業者が決まらなければ引っ越しはできません。

そのため、引越し業者の見積もりを取り、どの業者に依頼するのか、いつなら作業が可能かを確認してから入居日を決めた方が良いでしょう。

何を行うべきか事前に把握して計画を立てること

入居日や退去日を引っ越しする人だけで決めることはできません。

まず何をおこなうべきかを洗い出し、行うことを順番に確認しながら計画を立てるようにしましょう。