リノベーションの利点とリフォームとの違い


リフォームとの違い

リノベーションとリフォームに明確な違いはないとされていますが、一般的にリフォームは、新築当時の状態に原状回復させる意味合いが強く、壊れていたり、汚れていたり、老朽化した部分を、元の状態に戻すことをいいます。いわば、新築の状態から時が経ってマイナスになってしまった部分を、0の状態に戻す事です。

それに対し、リノベーションとは既存の建物に対し大規模な工事を行い、その建物の新築時よりも機能や性能の向上を図り価値を高める事をいいます。壁を取り除き間取りを変更したり、内外装を大幅に変更したりする、大規模な工事で、建物自体に新たな機能をプラスするものです。リノベーションは 新築の状態から時が経ってマイナスになってしまった部分を、+1や+2の状態にまですることをいいます。

リノベーションの利点

新築の状態の時点では問題はないのですが、時が経つにつれ老朽化もしますが、住宅設備に不便さを感じる事も多くなります。住宅設備は新しくて便利なものが頻繁に登場します。

そういった新しい住宅設備を取り入れるのはリノベーションが一番適しています。私たちは本来、住宅に合わせて生活を送るのではなく、私たちの生活にあった住宅に住むのが理想的です。ライフスタイルの変化と共に住宅をリノベーションによって変えていくという事も必要です。

コストの面でも新築で最新設備を導入し住宅を建設するよりも、同じ設備であれば、中古物件を購入しリノベーションをした方が費用は安くなる傾向があります。工事規模や建物の老朽化の状態などによっても、どのくらいの費用の差額があるのかは変わってきますが、コスト面でも有利なのは間違いありません。

立地の選択肢が多い

地方であればそれほど問題はないのかもしれませんが、東京都内やその他の大都市であれば、自分の希望の土地に新築で住宅を建設したいと思っても、そもそも場所が無い場合もありますし、都心部であれば予算オーバーになってしまう事もあるでしょう。

しかし。
中古住宅をリノベーションするという事であれば、そういった立地的選択肢はかなり広がります。新築で希望の場所に希望の物件が無く、妥協してしまうという事も多いのですが、リノベーションであれば、住宅設備などをもともと作り変えてしまう事が前提なので、希望の立地に空き物件さえ見つかれば、理想の住宅を手に入れられる可能性は高いといえるでしょう。

新築というのにこだわりが無ければ

建物すべてが新築というこだわりさえなければ、中古住宅を購入し、リノベーションを行なうのがコスト面でも物件の探しやすさからも良いでしょう。ただし、物件の構造次第では、全てを造り変えれない可能性もありますので、リノベーションを検討されている方は、事前に専門家等に相談し、可能背あれば別件の見学に同行してもらい判断してもらいましょう。