賃貸経営で入居者獲得までの準備は何を行えばよい?


賃貸経営を行う約8割は個人で、さらに副業として行っていることが多いと言われています。

上手に不動産会社や管理会社などと協力できれば、不動産の専門家でなくても始めることができますが、入居者を確保しなければ家賃収入は得ることができません。

そこで、賃貸経営を行う準備として何から始めればよいのか確認しておきましょう。

副業で賃貸経営が可能になる理由

どうしても賃貸経営や不動産投資と耳にすると、知識が高い専門家や投資家でなければ行えないと思ってしまいがちです。しかし、初めてアパートやマンションなどを経営する方でも、不動産会社や管理会社に入居者募集や物件管理などを任せ、毎月家賃収入を得ている方は少なくありません。

賃貸経営が初めての場合でも、既に経験がある方でも、収益物件の建築会社や仲介会社の協力は必要です。多くの方は建築した収益物件の管理や入居者の募集、家賃の集金などを専門会社に委託して賃貸経営を行っています。

収益物件はどのように購入する?

アパートやマンションで経営を始めるなら、資金調達を行い、黒字が続くように長期的に綿密な収支予測を立てるなど準備が必要です。

収益物件はローンを利用して取得し、家賃収入を返済に充てることが一般的でしょう。月々の家賃収入は、ローン返済額や管理費、修繕費などを差し引いた額です。

ただし、購入資金の全額をローンで賄おうとすると融資を受けられるか分かりませんので、いくらか頭金を準備してローンを申し込んだほうがスムーズです。

入居者が決まらないリスク回避の方法の1つとして

入居者を獲得できなければ、ローンを利用しても家賃収入から返済できなくなってしまいます。仮に入居者は決まっても、家賃が滞納されたりすると同じことです。

そこで、家賃を保証してくれるサブリースという形で、不動産管理会社が対象となる収益物件を借り上げ、代わりに運用してくれるという方法もあります。

仮に空室が出ても、毎月一定の収入は得ることができる仕組みになっているので、リスクを抑える方法の1つとして検討してもよいでしょう。

継続して入居者を獲得できるようにしっかり準備を!

アパートやマンションなどの物件は、新築に近ければ入居者からの人気も高く得ることができますが、築年数が経過していけばだんだんと空室リスクが高くなってしまいます。

定期的にメンテナンスを行うなど、リフォームや修繕は欠かすことができませんので、そのための資金準備も長期計画に組み入れておくことが必要です。

始めて数年の間だけでなく、20年や30年経ってからでも、入居率を低下させることなく安定して運用することを目指しましょう。