賃貸住宅に入居するときにかかる初期費用とは?


マイホームを購入するのではなく賃貸住宅に住むことを考えるとき、どのくらい初期費用がかかるのか不安に感じる人もいるでしょう。

そこで、賃貸住宅を借りるときにはどのような項目があるのか、事前に確認しておきましょう。

物件によって初期費用はバラバラ

初期費用は物件ごとに異なります。その理由として、初期費用として必要な項目には、礼金、敷金などが含まれるからです。

物件によっては礼金や敷金が必要ないケースもあるので、希望する物件がある場合には家賃の何か月分の礼金や敷金が必要か確認しておきましょう。

目安としては、礼金が家賃2か月分、敷金は家賃2か月、仲介手数料家賃1か月分、前払い家賃1か月分くらいです。

礼金と敷金の意味を理解しておくこと

礼金とは部屋を貸してくれる家主に対するお礼の意味を込めた費用ですが、敷金は退去するときに部屋を原状に戻すための費用や、家賃を滞納したときのための担保として家主に一時的に預けるお金です。

そのため、家賃滞納や原状回復に費用がかからなかった場合、敷金は返還されますが礼金は返還されません。

礼金が多く設定されていても返ってこない費用であることを理解しておくことが大切です。

仲介手数料は誰に対して支払う?

仲介手数料とは、家主と借主との間を仲介して手続きを行った不動産会社に対して支払う手数料です。

賃貸住宅を探すときは不動産会社を通すことが一般的ですので、契約が成立すればその報酬として仲介手数料を支払う形です。なお、不動産会社が受取ることができる仲介手数料には「家賃1か月分+消費税」と宅建業法で定めがありますので、これ以上の金額を請求されても応じないようにしましょう。

前家賃って必要?

賃貸住宅の契約をした月が入居を開始する月の前月だった場合、前家賃として次月分の家賃を先に支払います。

また契約月の途中から入居する場合は、前家賃として当月分の家賃(日割り計算されることが多い)と次月分の家賃を前家賃として支払います。

その他必要になる費用

他にも連帯保証人の代わりに保証会社を使うなら保証会社に対する保証料が3~5万円程度必要です。さらに火災保険料なども1~2万円必要になります。

先にどのような費用が必要か洗い出しを

初期費用として支払う費用以外にも、引っ越しに費用がかかったり、新しく購入する家財などで費用がかかることも理解しておく必要があります。

いずれも物件によって異なりますので、事前にどのくらいの初期費用がかかるのか確認しておくと安心です。