不動産投資はいくらから始めれば良いか判断する方法とは?


不動産投資といっても、数億円や数十億円というマンション一棟を購入して始めることもあれば、数百万円台でアパートやマンションの一室を購入して始めることもできます。

富裕層だけが行う投資方法というイメージが強い不動産投資ですが、実はサラリーマンなどが副業で比較的手軽に始めやすい投資の1つとして注目されているのです。

そこで、不動産投資はいくらから始めれば良いのか、マンション一室を購入して不動産投資を始める場合の初期費用の目安などをご説明します。

現金でなくてもローンを利用した投資が可能

例えば既に数億円のマンションを所有して賃貸経営を行っていると耳にすると、不動産投資を始めるためには数億円必要なのか…と思ってしまうかもしれません。

しかし、不動産投資の方法は色々なので、収益物件を何も現金で一括購入しなければならないわけではありません。

マンション一室でも1千万円単位で資金が必要になりますが、この金額を初期費用として準備しなければならないのではなく、ローンを利用して収益物件を購入することも可能です。

借金をしてまで投資を行うことに意味があるのか?と思うかもしれませんが、毎月のローンは家賃収入から支払うことができるでしょうし、リタイアまでにローンが完済すれば後は不労収入を得るだけになります。

ただし初期費用は必要

ローンを利用して収益物件を購入する際にも、ある程度の初期費用は必要となるので注意しましょう。

例えばマンション一室を購入する場合、初期費用として必要になるのは登記費用、銀行融資にかかる諸費用、その他管理など清算費用です。

いくらの物件を購入するのか、物件は新築か中古か、どの銀行を利用するのかなどによってかかる費用は変わってきます。目安として考えるなら、不動産価格の約5%と考えておくとよいでしょう。

ローンの頭金の準備も必要に

なお、収益物件を購入する際には、住宅ローンではなく不動産投資ローンを利用することになります。その際、対象となる物件の価値で担保されるだけの金額しか融資は受けることができませんので、頭金をある程度準備しておくことが求められます。

ただし、物件価格全額融資を可能とするフルローンや、頭金や諸費用をカバーできるオーバーローンなどにも対応している場合もあるようですが、借り入れる金額が高くなればその分、返済負担は大きくなることを理解しておく必要があるでしょう。

不動産投資をいくらから始めるか考えるなら

大きなローンを利用すれば返済額も膨らみ、毎月のキャッシュフローが悪化するリスクを踏まえておく必要があるということです。

毎月いくらなら返済できるのか、無理のない返済計画を立てた上で、いくらから不動産投資を始めればよいのか逆算して考えることが望ましいといえます。