30代からの不動産投資を始める時に考えておくべきこととは?


30代というイメージは、仕事もある程度慣れて落ちつき、結婚や出産、マイホーム購入など将来設計を考えるタイミングでもあります。

もし不動産投資を検討している方が30代で、これからマイホームも購入したいと考えているのなら、一度に収益物件と持ち家を所有することになってしまいます。

自宅の一部を賃貸住宅として活用できる賃貸併用住宅などもありますし、別々に購入する場合でも、家賃収入を住宅ローンの返済に充てることは可能です。

では、実際に30代で不動産投資を始めるなら、まずは何から考えておくべきなのでしょう。

家賃収入で住宅ローンの返済も可能?

賃貸物件のローン返済を行っても余りが出る家賃設定であれば、その分を住宅ローンの支払いに充てることができます。

サラリーマンなどの場合、給料もあるので残りを給料から補てんする形にすれば、賃貸物件とマイホームを持つことも不可能ではありません。

30代はまだ40代や50代と比べると給料も低いですが、金融機関からみれば融資期間を長く設定できる時期なので、月々の返済額を抑えて物件を購入することができます。

30代なら不動産投資のノウハウも習得しやすい

また、若いことで体力も十分あり、学習してもスイスイ頭にその知識が入りやすいのが30代の特徴です。これから不動産投資を始めようという方が勉強を始めても、様々なノウハウを身につけやすいといえるでしょう。

そのためにも先輩大家さんからどのように不動産投資を行っているか、どのようなメリットやデメリットがあるのか、経験上の生の声を聞くのも方法の1つです。

老後の安定した私的年金づくりに

今後、年金だけでは安心の老後生活は送ることはできないといわれているため、30代はこれから老後に向けて30年あまりの長い人生をどのように過ごすかによって、老後の生活が変わってくるでしょう。

まずはマンション一室など小規模から始め、50代に向けて物件を買い増していくことも検討していきましょう。年齢が上がるに伴って資産を増やしていけば、その分、老後の不労所得を増やすことに繋げていけるでしょう。

セミリタイアで新規事業も夢ではない?

不動産投資が安定してくれば、セミリタイアして新たなビジネスを始めるといった方向性も見えてくるでしょう。新たな方向性まで考えるのなら、キャッシュフローを増やすための加速度的な資産づくりが必要にはなりますが、人生設計を考える30代でしっかり地盤を固めていくようにしましょう。